インテルWindows 8フラットパネルは11月に販売するかもしれない

    CNET報道によると、インテルのチップを採用したWindows 8タブレットPCは今年11月に小売店に入る見込みがある。Windows 8は新OSだけではなくて、また4か5モデルの構築のプロセッサーを支持する:3モデルのARM、インテルとAMD構築。

    Windows 8の製品はフラットパネルPCだけではない、総計の設計の中で、50%は製品を混合するかもしれない、畳める製品だ。これらの設計は伝統の物理のキーボードのノートとタブレットPCの設計元素を統合する。

アップルの新MacBook ProはNvidia図形のプロセッサーを採択する

       ニュースの続けで、アップルが今年の夏に15寸のMacBook Proを出すそうだ:超薄設計、Retinaスクリーンと超高速USBを持つ。 もっと  良い支持Retinaスクリーンを支持できるために、今日アップルの新MacBook ProがAMDのGPUを放棄して、代りにNvidia図形のプロセッサーを採択する  予定だ。

       新MacBook Proはインテルの最新のIvy Bridgeプロセッサーを採択する。現在、アップルはどのNvidia図形のプロセッサーを採択することを分からないが、しかし、アップルはGeForce GT 650Mを採択するそうだ,その性能とGeForce GT 640Mはとても似ている。

インテルは年末にインターネットテレビサービスを出す見込みがある


   Intelはインターネットテレビサービスを開発して、今年年末に米国の消費者にを出す見込みがある。

   多くの人はインターネットとモバイル設備の上でビデオを観覧して、技術とメディア会社は力と時間を投じて、新しいテレビの設備、サービスとアプリケーションを研究している、コンピュータのチップの巨頭Intelも同じだ。

   Intel CEO Paul Otelliniは明確にコンピュータの産業を越える決心と表していた、しかし一連のテレビの関連サービスが関心を獲得していないそうだ。Intelは新しく自分のブランドの優勢を生かして直接に消費者にサービスを提供する。

インテルは最新のIvy Bridgeタッチスクリーンのノートを展示


   インテルは2012にCeBITドイツハノーバーの展覧会で、最新のIvy Bridgeのプロセッサーを搭載したタッチスクリーンのノートを展示した。

   このノートは13.3インチの1600x 900解像度のLCDスクリーンを備えた、1.5GHz Ivy Bridgeプロセッサーを搭載して、SIM/SDのカードスロット、HDMIポート及び2つのUSB3.0インターフェイスを備えた。システムな情報のページを見て、このタッチパネルが最高で10指で操作することを支持できる。

   それのすべてのタッチコントロールの体験とハイエンドのタブレットPCは似ていた。拡大、縮小などの多い手振りを支持できる。

インテルは“Xeon E5-2600”のハイエンドのプロセッサーを発表


 
    ロイター通信の報道によると、インテルは今週火曜日に最新の“Xeon”のサーバーのチップ―Xeon E5-2600プロセッサーを発表した。

   プロセッサーの性能は前作より80%を強くなって、エネルギー消耗は更に低い。

   インテルは、2015年の前まで、データの流量の年成長率は33%まで達すると予想している、このチップはこれらの流量のサーバーのオーダーメイドのために作った。現在、Xeon E5-2600プロセッサーは既にヒューレット・パッカード、デル、Cisco、IBM、Oracleなどのメーカーに渡した。

インテルIvy Bridgeプロセッサーの発表時間が繰り上げ、4月末に商品を出す予定


   インテルは以前自分の22ナノテクノロジーIvy Bridgeプロセッサーが7月に発表すると公表した、しかし、昨日Digitimesのニュースによって、Ivy Bridgeプロセッサーの工場出荷する期限は四月まで繰り上げるかもしれない。

   以前のSandy Bridgeプロセッサーは2000-seriesチップで、Ivy Bridgeプロセッサーは3000-seriesのチップを使うかもしれない、クロック周波数は2GHzにできる。

   4月末に、インテルは本当に期限どおりにIvy Bridgeプロセッサーを発表するならば、今年の夏、たくさんのPCの製造はこのプロセッサーのを搭載することができる。Windows 8を正式に発表して迎えるならば、多くの読者がスーパー本を交換したい。
   

インテル32ナノモバイルチップMedfieldの抜群な性能、規格バラメータと効率等の情報が漏れ

インテル勧めた次代AtomモバイルプラットホームSoC(System-on-a-Chip)いつか、スマートフォンとタブレットPC市場に進入することだが、規格と性能へはの了解はまだ足りない。最近、VR-Zoneは本当の意味上のSoC工程サンプルを手に入れ、Androidシステムを基づいて、その性能テストを行った。それから詳細な規格バラメータと性能データを覗ける。
研究開発コードはx86の核心を基づいて開発したMedfieldのSocであり、1.6GHzのクロック周波数、1Gのメモリ、内蔵式bluetooth、及び、WiFiとFMラジオ機能を持っている無負担効率は2.6W、満載3.6W、インテルは最終的に効率を2Wと2.6Wの間に納めることと、ハイビジョンビデオの出力機能を加える予定である。
VR-Zoneと同じ配置のた对照タブレットPCはCaffeinemark 3を使用し、高通MSM8260、NVIDIA Tegra2及び、三星Exynos等のチップに性能対比テストを行った。最終的に、Medfieldの得点は10500点,NVIDIA Tegra 2は7500点、高通MSM8260は8000,サムスンのExynosは8500点の点数を走り出した。
インテルの初めての正式な意味上のSoCと初めての高い集成解決方案になり、Medfieldは上場してから、AppleのAシリーズNVIDIA Tegra、高通のSnapdragon、サムスンのExynos、テキサスインスツルメンツのOMAPとたくさんのライバルを競争する。目前、サムスンExynosだけ同じく32ナノテクノロジを使用しているが、Medfieldの今後の表現を期待する。