タクシーを呼びやすいのモバイルアプリHailoは1700万ドルのA輪投資額が入手

 

 タクシーを呼びにくいのはたくさんの都市の課題だ。海外の都市もそうだ。ですから、Hailoというタクシーを呼ぶアプリが生まれてきた。近日、このロンドンの創業会社は1700万ドルのA輪投資額が入手ということを宣言した。
 
Hailoを公表していたとき、ロンドンの黒いタクシー(Black Cap)専用で、ロンドンのどこでも、いつでも、タクシーを呼ぶとき、携帯電話のHailoをクリックして、現金払いかクレジットカード払いか選択して、タクシーを呼べる。
 このアプリは昨年11月に公表してから、3200名のロンドンのタクシー運転手と普通の乗客を含めて20万ぐらいのダウンロードができている。このHailoはロンドンの平均乗車時間は2分間で、当面運転手さんには活躍しているユーザは1700名がいる。投資金が入手してから、アメリカとカナダを目指してヨーロッパの市場を拡大し続くと示唆した。

iPhoneヘルスアプリSleep Time

ヘルス専門のAzumioはiPhoneアプリSleep Timeを開発した。

SleepTime は簡単にMacをスリープするようコントロールアプリである。

‣スリープタイマー
YouTubeのビデオを見て寝ていると、コンピュータ朝までに滞在する必要はない。
分/時間を設定した後自動的にスリープできる。

5分以内になると、スリープタイマーをメニューバーに表示し、スリープしたくない場合、キャンセルできる。

突然、この会社は成功した

先日前、友達に開発中の新アプリを見せてくれた。その時の第一の反応は、既に50個以上のチームは同じものを作ったが、これが一番いいだ。第二の反応は、過去10年に成功した全ての会社にこれを言えるのだ。
重要な新しいアイディアを一回また十回試しても、成功しない。それから、他の会社と一緒にそのアイディアを実行して、彼らは成功した。このような状況はなんで発生したことを判断することが難しい。たぶんタイミングと執行の結びかもしれない。
何度も試すのはいいことだが、これは何で市場には既に一つの考え方があったのに、他の人も同じことをするの原因だ

漸くUIが重視された、インターフェースデザイン公式サイトをリリース— Android Design

 AndroidアプリのUIはiOSよりずっと違った。さらにはもううんざりだか?Googleもそう思うから、何かをやると決まった。だから昨日、公式Androidデザインサイト(Android Design)を発表した。

 AndroidのUIはずっと非難を浴びている。確かに最初のUIは、中のアプリは言うに及ばず、外観でもすごく醜い。アップグレードのとともに、だんだんと良くなった。Android 4.0Ice Cream Sandwichに至るまで、以前よりとても向上した。しかし、全体的に見て、iOSのアプリに及ばない。

 Android Designから、こんな状況がだんだん変わった見込みがある。サイトではいろんな資料があって、スタイルナビ、デザインスタイル、Building Blocksなどを含んでいる。長期的に見ると、いい変化と思っている。

Appifier新サービス:WordPressをアプリに変えた

Appifierは新たなサービスであり、前にBetaに置かれていた、Wordpressウェブサイトをモバイルアプリに変える。注意すべきのは、ここでウェブサイトをモバイルサイトに変えなくて、本物のアプリだ。プッシ通知、オフライン接続、SNSで共有などできる。アプリの外観、速度がある。

Appifierで、自分のアプリを作ることとテストするのは無料ですが、アップルのアプリ商店に発表するのは料金がある。支払い方式が二つあり:毎月39.99ドルを支払い、または毎年499.99ドルを支払う。

彼らのサービスを利用すると決まる前、iPhoneでAppifier Sandboxをインストールしてもいい、案例があるから。

 

 

 

Flurry調査:アプリとブラウザでどのぐらいかかるか?

 

 

ここ数年、モバイル分析機構Flurryは毎日人がアプリをする時間とブラウザをアクセスする時間を比べて研究する。去年6月に発表した調査結果によると、アプリで81分間、ブラウザで74分間。最近の調査結果によれば、201112月に、アプリでの時間は94分間に増やしていて、ブラウザで72分間に減っている。

上記の数によると、アプリでかかった時間が長いとはいえ、ブラウザで減った時間は少ない。「アプリPKブラウザ」と言うよりむしろ人の習慣を表現するんだ。

その他、調査報告でiTunes App StoreとAndroid、アプリダウンロード数は400億になったことを指した。

via TC

 

 

Androidのアプリはいたいなんだ

 

昨日アンドロイドのボス、アンディ・ルビンはツイッターに驚く数字を発表した。クリスマスイブやクリスマスに370万もアンドロイドアプリが激活された、普通に二倍。そこで問題がある、いたい何がアンドロイドアプリなのか。ある程度に、Kindle Fire、Nook ColorとNook Tableは全部アンドロイドアプリが、これすべてがGoogleサービスを削除した上に、ルビンが計算しない。たとえ計算したら、どうやってこちらの登録情報が得るのか。アンドロイドのソースコードとはいえ、Googleサービスを削除にしたら、Googleサーバーに通信しない。

 今日ルビンはGoogle+にそれについて説明した。「計算はアプリにつき統計したが、激活とは、ある人が店でアプリを買いた以上、キャリアのサービスを使用した一瞬。」つまり激活というのはキャリアのアプリを使用するしか思わないが、多くなアンドロイドはWiFiだけに繋げ、ルビンは決して自分をその数字を低下しない。

 今ほかの情報が手に入た。Googleはどうやってアンとロイドのアプリを定義するのか。それは簡単:Googleサービスを激活するのだ。もっとも多くの可能性が、Googleアカウントを登録する一瞬で計算始めた。それは最初の登録やGmailとAndroid Marketを登録したときかも。ルビンの言うとうり、一台のアプリは一しか統計しない。

 それて私たちがついわかる、Kindle FireとNook ColorがGoogleサーバーに繋がらないから、統計しません。しかし、基本的に、大分多いアプリがキャリアに通じて統計された。

GoogleのAndroid Training でいいアプリ開発

Android Training

Android Training

米Googleは2011年12月15日(現地時間)Androidアプリ開発者を支援の為のサイト「Android Training」を開始した。
Androidアプリ開発者の技術支援を目的として、効果的な設計やバッテリー消費の最適化など、アプリの作成の際に想定される具体的な状況に合わせた解説と、その内容毎に最適なサンプルプログラムの配布などを行なっている。

Androidチームは最近開発した“Android Training”beta版はAndroidアプリ開発者に下記情報を伝える。

1.プロジェクト開発方向

2.人気なカテゴリ

例:

https://developer.android.com/training/monetization/index.html

https://developer.android.com/training/monitoring-device-state/index.html

https://developer.android.com/training/enterprise/index.html

 

Via:TC