ブランド広告とInstagramピクチャーを結びつき、正確な広告プラットフォームを作る

         ほとんどのiphoneユーザーがInstagramと言う写真を撮り共有するAPPを設置できると思う。これを利益のある商売につながる方法を、創業してわずか11日しか立っていないある会社で見つけ出し、いい成果も出している。それがPrintstagram.am Instagram、写真をプリントできる道具プラットフォーム;Instagrid.me、Instgramアルバム保存用のネットワークプラットフォームである。現在は既に4万人もの登録会員がある。

         今、Prints tagramが所有している5種類の製品は全部Ins tagram写真処理を行う道具であり、作成するアルバムの大きさによってポスター、ミニカード、ステッカー、ミニアルバムそしてマイクロアルバムに分類される。Ins tgridネットワークは影響力の大きいIns tagram ユーザーとアドマンの間を自動的に結びつけることができる。彼らはブランドに関わるピクチャー・アルバムを作成することで報酬が得られる。

         ユーザーは自分のアルバムでアドマンの製品に対して埋め込み広告を行い、ある程度の暴露の目的に達する。こんな埋め込み広告は楽しみながら広告に接触し、広告の痕跡もほとんど見つからない。というわけで、このIns tagram大プラットフォームを基にしたアドマンのニーズは大きい。

         この創意は創始団体のメンバーであるBrian Difeoの実際経歴からきたもので、彼は6万名以上のInstagram注目者の持ち主である。ある国際イベントで、Puma会社はBrian Difeo に報酬を支払い、Brian DifeoのInstagram共有写真の中にPumaのブランドを差し込むことで会社のブランドと製品を大いに知らせようとした。今回の経歴から、団体はこの事例をプラットフォームにし、すべてのユーザーが写真共有をする時にある程度の報酬(お金、会議招待所、会議費用など)をもらえると思ったのである。同時にあらゆるInstagramアルバムの作成に必要な道具や保存プラットフォームを提供し、この小さな生態システムを更に完璧させた。

   そのプラットフォームが成立してから11日の間に、既に4万人のユーザーが登録し、そのデータもまだ上昇していると言われている。団体はブランド商家とInstagramユーザーと一緒に両方とも有利な利益獲得法案を見つけ出すことを願っていた。臨時的なマーケティングの案件であれば、商家は実際の時間によって費用を支払い;長期的な協調であれば、ユーザーのアルバムの流量等で費用を計算できる。これは大勢のファンと超影響力の持ち主である意見リーダーにとっては非常にいい話であると同時に大きいメリットがある。正確性(市場、製品)が高く、広告の痕跡がない。この二つのプラットフォームに固有のInstagramを付け加えると、領域を細分化した小さな生態システムの形成のようで、各製品のプラットフォームはお互いに補充の役割を担うことになる。