マイクロソフトは本当に“硬い”に変わったか?マイクロソフトSurface RTの利潤率がアップルiPadよりもっと高い


      IHS報道によると、マイクロソフトの最新出すSurface RT(32GBの+黒色Touch Cover)の材料のコストが271ドルだけと推測して、その上で、13ドルの製造費用を加えて、総括的なコストは284ドルだけあって、売価は599ドルに達して、利潤率は46%。一方、アップルの第3世代のWiFi版iPad(16GB)のコストと売価はそれぞれ316と499ドルで、利潤率は37%だけある。

      また、Surface部品の中で、利潤率のほうはTouch Coverが最高だ、コストは16ドルだけだ、小売り価格は120ドルに達した。もちろん電子の業界で、部品の利潤率は通常すべて設備の自身より高い。

iPad miniと第4世代iPadは3日発売、300万台を売り出した


    アップルは、iPad miniと第4世代iPad(ただWi-Fi版だけを持つ)は3日発売して300万台売り出したと宣言していた。このデータはほとんど今年3月Wi-Fi版の第3世代iPadの第1週間の販売量の2倍だ。もっと多いWi-Fi+版iPad miniと第4世代iPadは未来に何週間米国市場をログインして、その他のいくつかの国家は遅くなるかもしれない。

    Tim Cookは、消費者が今度出す新製品が好きだと言って、すべての在庫iPad miniは全部売り尽くして、そして、生産することに馬力をかけて盛んな需要を満足させる。

2012年、アップルの研究開発費用は34億ドルで、増幅は記録を作る

     近日、アップルは米国証券取引委員会に10-k年度報告に提出した。報告によると、2012アップルは研究開発の上で費用が34億ドルを達した、同時期と比べて42%増加して、史上新高値を作る。

     アップルは、研究開発費用の増加は主に研究開発人員と多い新製品を発表することがかかった。この一年で、アップルの研究開発の新製品は配置A6プロセッサーのiPhone5、Retinaスクリーンを配置した13寸と15寸のMacbook Pro、完全に再び設計したiMac、Mac mini、および新作iPodとiPad。たくさんの製品は、2012年の前に研究が開発始めた、しかし主要な研究開発の経費はやはり2012年だ。

     実は、ここに年間、アップルの研究開発の投入はずっと増加している。2011、アップルの研究開発の投入は24億ドルで、2010は18億ドルだ。でも、たとえ増幅はわりに大きいとしても、アップルの研究開発費用とマイクロソフトよりもけた外れな。マイクロソフトは、2012年の研究開発費用は98億ドルで、アップルの2.8倍だ。

アップルが新たな電子チケット管理アプリケーションPassBookを発表

今日、アップルが発表した新世代オペレーティングシステムiOS6には新しいアプリケーションPassBookも含まれていて、ユーザーに代わって搭乗券、メンバーシップカード、球技競技入場券、商品券、クーポン等の様々な電子チケットの管理をする。

PassBookは周りの商家のメンバーシップカードとクーポン等の情報を自動的に表す。例えば、スターバックスを経過する時、PassBookはスターバックスが付近にあると、ポップアップメッセージで知らせてやり、スターバックスに関わるクーポンと商品券を使用することができる。PlayBookは様々な情報に対してリアルタイム更新を行い、搭乗券の航空便が遅れた時、自動的に知らせる。また、PassBookである電子チケットを管理したくなければ、いつでもその電子チケットをPassBookから削除することができる。

アップルの電子チケット管理道具の発表は、第三方クーポン管理道具にある程度の衝撃を与えることになる。現在、PassBookは既に第三方開発者に開放している。

Mac家族Retina化:MacBook AirとiMacがRetinaスクリーンを採用すると言う

アップルが今年の夏に15寸RetinaスクリーンのMacBook Proを出すと言う話があってからの最新情報によりますと、アップル全Mac家族がRetinaスクリーンを採用する見通しであり、中には11寸と13寸のMacBook Air及びiMacが含まれている。もしこの情報が事実であれば、アップルのiPadからMacBookに、またiMac全家族のRetina化にまで、全スクリーン業種に巨大な影響を齎すかも知れない。

11寸(左)と13寸(右)RetinaスクリーンMacBook Air

Retinaスクリーンを除いて、新しいMacBook Airに大した変更は見られず、サイズ模型も同じく11.6寸と13.3寸であった。Retinaスクリーンをより良く支持するため、すべての製品はCPUとグラフィックカードの方面でレベルアップすることになる。MacBook Proの場合、AMDのGPUの代わりにNvidiaグラフィックCPUを採用することになる。しかし、大規模な技術採用にはある程度の困難があり、RetinaスクリーンバージョンのMacBook AirとiMacの発表時間は少し遅くなるかも知れない。今年のWWDC会議に現すことはなかろう。

この前の情報によると、新しいMacBook ProはIntelの最新Ivy Bridge CPUを採用することになる。グラフィックカードの方はNvidiaのGeForce GT 650MグラフィックCPUを採用する見通しであり、それは“Kepler”構造に基づいた28ナノメートルのチップで、そのエネルギー効率の性能はGeForce GT 640Mに似ている。

アップルの2012年の開発者大会(WWDC)が6月11日に開かれるが、その時すべての回答が得られる。

アップルの新MacBook ProはNvidia図形のプロセッサーを採択する

       ニュースの続けで、アップルが今年の夏に15寸のMacBook Proを出すそうだ:超薄設計、Retinaスクリーンと超高速USBを持つ。 もっと  良い支持Retinaスクリーンを支持できるために、今日アップルの新MacBook ProがAMDのGPUを放棄して、代りにNvidia図形のプロセッサーを採択する  予定だ。

       新MacBook Proはインテルの最新のIvy Bridgeプロセッサーを採択する。現在、アップルはどのNvidia図形のプロセッサーを採択することを分からないが、しかし、アップルはGeForce GT 650Mを採択するそうだ,その性能とGeForce GT 640Mはとても似ている。

第二代ウルトラブックに対抗、アップル 799ドルのMacBook Airを出す見通しである

アップルの上流サプライチェーンの情報によると、まもなく発売される第二代ウルトラブックに対抗するため、アップルは今年の第3四半期に799ドルのMacBook Airを発売する見通しである。

現在、Acerは既にウルトラブックの出荷目標を引き下げてはいるが、Interは未だにウルトラブックを積極的に宣伝していて、今年の下半期にはウルトラブックの値段を699ドルまで値下げする見通しである。ところが、もしその時、Interがウルトラブックの販売価格をこのレベルまで値下げできなくなったら、ウルトラブックの値段と799ドルのMacBook Airの間に存在する価格の差で更にウルトラブックの標準化推移が出される可能性がある。

 この前、Interは3億ドルを持ち出してウルトラブック基金を成立した。Interは製品宣伝への強力な投資によって、ウルトラブックメーカーたちの士気が揚がり、更にノートーパソコン市場でのウルトラブックの市場シェアをあげられることを信じていた。しかし、内幕に詳しい人物の話によると、Windows 8が発表するまでに、ウルトラブックがいい業績を出すのはかなり難しい。

現在、11インチ64GBのMacBook Airの販売価格は999ドルで、11インチ128GBバージョンの販売価格は1199ドルである。13インチ128GBバージョンの販売価格は1299ドルで、13インチ256GBバージョンの販売価格は1599ドルである。内幕に詳しい人物の話によると、もしアップルが本当に799ドルのMacBook Airを出すことになれば、アップルのこの領域での優位が保ち続けられる。

アップルiPadはフラットパネルの市場占有率で68%まで上昇したが、AmazonのKindle Fireは4%まで下がった


   市場研究会社IDCは今日発表した報告によると、アップルiPadは2012年に第一四半期に商品量が20%下がったけれども、iPadタブレットPCの市場占有率が前の四半期の54.7%から68%まで上昇した。

   今年第一四半期に、iPadの商品量が1180万台だが、前の四半期に商品量が1540万台になった。Kindle Fireは前の四半期の480万台から第一四半期の75万台に下がって、現在、タブレットPCの市場占有率の4%しかない。Kindle Fireの下落に従って、サムスンは既にAmazonに取って代わって第二位になった。
   
   iPadの市場占有率の上昇はAndroidタブレットPCの商品量の大幅の下落のおかげで、主にAmazonのKindle Fireだ。全体のタブレットPCの年成長率は120%まで達した、でも、第一四半期に38%を下がった。新iPadの発表が多くの人に傍観されてアップルiPadを商品量前の四半期より下落したが、全体のタブレットPCの市場で、iPadは依然として主導地位に果たしている。

アップルとサムスン、 携帯電話の産業の99%利潤を占めた

2012年、携帯電話メーカーの中で誰が金を儲けたか?解答は3社しかない:アップル、サムスンとHTC。有名な分析のウェブサイトAsymcoのHorace Dediuの統計したでーたによると、アップルとサムスンは携帯電話メーカーの利潤の99%を占めた。

     2010年の第一四半期の53億ドルから2012年の第一四半期の144億ドルに上がった。2007年の第2四半期から計算して、ノキアの携帯電話の利潤市場占有率から急速に下がったが、アップルの利潤は急速に上昇していた。また、RIMとLGの利潤はサムスンにゆっくり浸食された。
    
     

アップルの市場価値は既に6000億ドル超えて、最高記録を突破した


   アップルの市場価値はまた1つの新しい一里塚に達した。総合株価は下落した、しかし、この会社の株価が52週間まで新しい高度を上昇した、一つごとが644ドルになった。この株価は既にアップルの市場価値が6000億ドル以上を達した。

   1月下旬、アップルの市場価値は一度4000億ドルを突破したことがある、2月29日、5000億ドルを突破した。ただ短い1ヶ月で、この会社の市場価値は1000億ドルを急騰して、このようなスピードは確実に驚異だった。

   アップルは二番目にこの市場価値レベルの会社に達したといえば、一番目のはマイクロソフトだ。マイクロソフトは1999年12月に、市場価値は1度6040億ドルを達したことがある。現在の成り行きによって、アップルは恐らく急速にこの記録を上回って、一億の記録に向って引き続き前進するかもしれない。

   アップルは富士康の事件で名声を下げた、しかし、また新しいiPadを発売するために、株価は迅速に上昇した。現在、世界で最高の市場価値がアップルで、かつての市場価値のチャンピオン、石油巨頭はずっと前に越えられた。