AppleのiPhoneを中心とした第4四半期の利益は10月28日に設定

apple

 

Appleは10月28日(月曜日)に、第4四半期の決算を発表する予定。
結果は、 9月20日を開始したAppleの初期のiPhone 5Sと5Cの販売でより完全な外観をもたらすでしょう。同社の第4四半期は、Appleが、そのオープニングの週末9万台のiPhoneを販売したことを発表しましたので、販売情報の余分な5日間の提供、 9月28日を走った。
(クレジット:アップル)
900万タリーは、Appleが消費者に、または単にキャリアとまだ​​デバイスを販売していた他の小売パートナーへのエンド販売をカウントされたかどうか、いくつかの質問と、先月精査の下に来た。
ウォール街のアナリストは、平均して、 Appleは四半期367億ドルの売上に7.87ドルの一株当たり利益を報告することを期待しています。先月Appleは340億ドルと370億ドルの間に販売のためと呼ばれる見通しの”近ハイエンド”に来て期待して言った。
いつものように、すべての目はすぐにAppleの第二のベストセラー商品となりますが、ウォール街は最後の四半期を期待していたものの下でよく入ってきたアプリ、で、また非常にしかし、同社のiPhoneの番号になります。デバイスのその家族は、スリムなフォームファクタとより多くの色を示唆漏れの数が、今月後半のイベントでリフレッシュされることが期待される。

 

 

サムスンは第3四半期LTE携帯電話の端末の市場を統治して、第2位のアップルの底力が十分だ

   市場分析機関Strategy Analyticsの最新報告によって、サムスンは第3四半期に全世界LTE設備の市場の分け前で依然として首位に位置して、40%(前の四半期に比べて10.9%下落する)だった。今年9月に第一部LTE携帯電話(iPhone 5)のアップルに26.7%の市場占有率を占めた。

   LTE端末の余剰の市場占有率はその他の韓国携帯電話メーカーに統治された。最近Optimus G LTE設備を発表したLGは9.1%の市場占有率(第2四半期が15%)をもらって、もう一つの韓国会社ー泛泰は5.8%もある。モトローラの市場占有率は第2四半期の15%から6.7%まで落ちた。

アップルApp Storeの営業収入はGoogle Palyの4倍で、しかし増長速度は遥かに後者に及ばない

   応用分析会社App Annieは一つの統計報告を発表して、データは明らかに示して、世界で、アップルApp Storeの総括的営業収入はGoogle Palyの4倍で、しかし、増長速度ははるかに後者に及ばない。アップルApp Storeの営業収入は年初から今まで12.9%を増加した、だが、Google Playは311%だった。

   応用のダウンロード数量に見ると、アップルApp Storeで応用のダウンロード数量はGoogle Playより高くて、しかし、年初のGoogle Playは48%の増幅があって、iOSは約3.3%だけ増加した。

comScore:サムスンは米国の最大のモバイル設備の生産会社で、アップルはLGを超えて第2位になる

    市場分析会社comScoreの報告によると、10月、米国のモバイル設備の市場は回新しい変化が現れた。サムスンは引き続き第1位で、第2位はLGをアップルに替えた。

上表によると、サムスンはしっかり自分の地位を守るだけではなくて、7月に比べて、10月の市場占有率は0.7パーセントを増加した、アップルは更に1.5パーセントを増加して、LGの第2位置を奪った。後3位LG、Motorola、HTCの市場占有率は下がった。

アップルは今週金曜日に新世代の21.5インチiMacを売って、27インチはやはり12月まで待たなければならない

  10月24日に新世代のiMacを発表した後、アップルは今日、21.5インチiMacは今週金曜日(11月30日)を販売する、27寸版は12月かもしれないと正式に宣言していた。

  新世代iMacはアップルの第8世代iMacだ、その機体の最も薄い所は5mmだけ、前世代より80%薄くなった。新世代iMacはi5、i7プロセッサーを支持する。メモリーの方案は“Fusion Drive”の技術を採択する。

  21.5インチバージョンの基本的な配置:2.7/2.9GHz Core i5、8GB メモリ、1TB ハードディスクだ。また、27寸のバージョンは2.9/3.2GHz Core i5、8GBメモリ、1TB ハードディスクだ。

アップルの宇宙船の事務室は2016年に延期する

   スティーブ・ジョブスはアップルに携帯電話、iPadなどの製品を残っただけではない、またアップルのために1つとてもクールで宇宙船みたいオフィス・ビルの計画を立てた。でも、最近、アップルは、当計画は2015年に完成する予定の事務室が2016年の中期に延びないわけにはいかない、原因はいくつか計画を改正したと表していた。

   アップルのタイムテーブルはもう再び行政部門の審査許可に手渡して、彼らは一つの176エーカーのオフィス・ビルを製造することを望んで、しかし行政部門は来年6月に審査許可を完成できる。、つまり、アップルは2014年に施工を始めるかもしれない。

ノキアは正式にiOS版地図の応用Hereを出して、Google Mapsに負けてアップルの地図に勝つ

   ノキアは今日正式にiOS版地図の応用Hereに出して、無料のturn-by-turnのナビゲートサービス、公共交通が乗り換える情報と交通の状況の報道を提供する。HereはいくつかGoogle Mapsに及ばないが、アップルの自分の地図サービスより精確で適切だった。

   Here応用地図のデータは以前ノキアに買い付けされたNAVTEQから来て、HTML5技術に基づいて作り上げて、オフ・ラインのオフ・ライン機能を支持して、未来、更に3D機能をアップグレードする。

アップルは今日株主に25億ドルの配当金を支払い

   今年3月に承諾したように、アップルは株主に株ごとに2.65ドルの配当金を支払って、そして9.35億の流通株の中から全部で25億ドル支出して株主に返報すると予想している。

   実は、大部分の科学技術会社はすべて増加することを方向誘導の会社を属する、つまり業務の発展と市場占有率に広く開拓することを専念する。これらの会社は通常新しい製品開発と科学研究の上で多くの力を使って、競争力を維持する。

   アップルの株価は今年に50%膨張して、だから、この四半期配当金を計画して当たり前でしょう。その他に、アップル理事会は今年3月にまた一つの100億ドルの株の買い戻しプログラムを承認した。この計画は2013に執行し始まって、合計で3年実行予定だ。

HTCはアップルとの特許紛糾が終わった後に、ほっとした!


   HTCとアップルの特許紛糾は半分2年続けて、この2年半にHTCがほんとに苦労した。業内で普遍的な観点は、HTCはここ数年なぜ離れて、大きい原因はアップルとの特許紛糾のためと思っている。でも、喜んだのは、傲慢なアップルはついにプライドをかなぐり捨て、HTCと和解が成立した。今度の和解は、HTCにとって大きい意味があって、これからもっと安心して新しいスマートフォンを研究開発することを集中できる。本当にほっとした。

アップルはHTCとの特許紛糾を終えて、10年の許可合意を締結し


    アップルは、オフィシャルサイトで台湾携帯電話メーカーHTCとすべての特許訴訟は取り消して、同時に2社は10年の特許合意を締結して、既存と未来の全部の特許を含めたと声明していた。具体的な和解の条件はしばらく公表していない。

    HTC最高経営責任者の周永明からの話:“HTCはアップルと特許の紛争を解決して嬉しい、これは私達に革新を集中できる、訴訟ではない。”アップルTim Cookから:“私達はとてもうれしくHTCと和解が成立して、そして製品の革新の方面でピント合わせに引き続き維持していく。”

    アップルは2010年3月にHTCを起訴して、1年後にHTCがアップルに訴える、Macコンピュータ、iPhone、iPadなど権利侵害の製品を輸入することを阻止したい。和解を始める原因は2社は急いで一連で新しいWindows 8設備に受け答えるか?まだわからない。