LinkedInは最近、ブログでEndorsementという新しい認証サービスを提供し、ユーザーが各自の専門で相手をよく知ると公告しました。Endorsementが今一時アメリカ、インド、ニュージーランド、オーストラリアという四つの英語国家で提供され、後何週間で全部の地域に及ばす見込みがあります。

   LinkedInは職場社交領域を主にして、ユーザーが一般的に自分のホームページで職業技能を加えます。Endorsementによって、ユーザーがクリックするだけで友達が加えた職業技能を許可でき、あるいは友達に彼らが加えていない技能を推薦できます。そのような友達の間でお互いに許可する方式がFacebookのlikeと似ていますが、個人の影響力の認証から見ると、Kloutと似ていることもあります。

    LinkedInでの友達のホームページを開くと、彼らについての一連の推薦される技能が目に入ります。ほかの推薦があれば自分で入力もできます。ある人が認証を与えてくれると、LinkedInはメールまたは通知で伝えてくれ、自分の「技能と専門知識」のページで誰かどんな認証を与えてくれることが見えます。

    今まで、LinkedInはもう状態の更新とグループの対話に対してのLikeサービスを提供しましたが、今度個人の職業技能に対してのEndorsementが明らかにもっと意義があり、それはLinkedInの本当の核心競争力になるからです。