ジョブズが亡くなりましたが、アップルの発表会には驚喜させることはなくなり、iPhone5は悪い評価を受けました。しかし、アップルの株価が依然として上がる一方です。アメリカの時間、月曜日の交易日でアップルの株価が699.78ドルで、後また1.77ドルが上がって701.55ドルとなり、初めて700ドルを突破しました。

 

    その同時に、アップル社はiPhone 5の注文に応じる後24時間の販売量がもう200万台を超え、去年iPhone 4Sが発売される時の2倍になったと発表しました。言い換えれば、1分に1389台を販売し、1秒に23台を販売しました。それで、悪い評価を受けましたが、iPhone 5の市場競争力が依然として強いです。

    アップルの株価がその九か月で270ドルが上がって、値上がりの幅が65パーセントを超えました。今年の2月末、アップルの時価総額が5千億ドルを超え、四月6千億を超え、今までの時価総額が6500億ドルを超えましたが、第二位のモービル石油より2250億ドル高く、ほぼGoogleの時価総額に相当します。

   目前市場がアップルの株価に対する予想は上昇の態勢で、数多くの投資銀行が最近予測によってアップルの目標株価を上げ、ほとんど750ドルから850ドルまでと予測します。アップルが10月でiPad miniを発売するのは好調であれば、その目標株価を一層上げるかもしれません。