comScoreのデータレポートによると、その八月では、アメリカのスマートフオンのユーザーがもっとInstagramが好きなそうですが、アクセスの頻度とオンラインの時間という二つの指標ではTwitterを超えたということです。

    上の図によると、Instagramは毎日活躍しているユーザーが約730万人で、Twitterは同期690万人だけです。Instagramのユーザーが平均オンラインの時間が約257分に対して、 Twitterは170分で、前者が約50パーセント高く、その開きが明らかです。Twitterの独立なビジターが2900万人で、Instagramが2200万人未満ということを考慮に入れると、その比較がもっとはっきりしています。

    しかし、comScoreは今までインターネットについてのレポートを発表したことはありませんが、そして、今度のレポートが18歳以上のユーザーを統計したしかないから、データの信頼度が議論の余地もあります。

    それでも、Instagramは内容と製品の設計から見ると、確かにユーザーがもっと時間をかけます。Twitterの内容が主に文字で、写真、ビデイオ、リンクを混じっていて、ユーザーが使用時、ざっと情報を目を通してログアウトします。Instagramはおもしろく、または精美な写真を主にして、ユーザーがよりゆっくり写真を観賞するから、オンラインの時間も相応に延長します。