Facebookはモバイルタッチパネルのページに勧めタッグのテストが始まった。モバイルページに社交勧めとおまけ情報を出した。Yelpのようなタイプの商家検索と評論の商品になりがちだ。
去年の5月から、ユーザーはFacebookに商家の推薦と評論ができる。この特性はモバイル設備に使うのも不可能ではない。もしそうだったら、ユーザーは友人と他の人の勧めた地元商品を知る事になる。
現在、タッチパネル設備でm.facebook.comをアクセスしたら、この機能を使える。ユーザーはページに名前、また「周り」タッグを使って検索できる。ページのトップに「推薦」タッグの後ろに「もっと」がある。そこに自分の推薦内容を書き込む、友人を訪ねる、他人の書き込みを読むこともできる。プライベート設定も調整できる。
推薦機能は地域データを獲得してから、有効になる。全てのファンパージもアドレス増加する方法で情報を添加することができる。Facebookは推薦機能を消費品、サイトと他のサービスなどを圏内のページに添加するかもしれない。
地域商家推薦はFacebookの一つのモバイルアプりになる時、商店をレストランはYelpに自分の評論を書くように勧めたと同様に、「Facebookに私を勧めてください」のような看板を出すかもしれない。ユーザーの書き込みはすぐ新しい書き込みにカバーされるが、このような、分別に表示されるアドバイスは友達と他のユーザーに大きな影響を与える。もう一つは、推薦した後、Facebookは一つのアドレスと友達書き込んだ内容を自動に生成する。

コメントを残す