市場分析会社comScoreの報告によると、10月、米国のモバイル設備の市場は回新しい変化が現れた。サムスンは引き続き第1位で、第2位はLGをアップルに替えた。

上表によると、サムスンはしっかり自分の地位を守るだけではなくて、7月に比べて、10月の市場占有率は0.7パーセントを増加した、アップルは更に1.5パーセントを増加して、LGの第2位置を奪った。後3位LG、Motorola、HTCの市場占有率は下がった。