最近催されたTC Disrupt大会では、Boxの創始者Aaronは今の企業市場というと、始めて創立する会社が歴史がある会社よりはるかに優勢を占めるということです。Aaronから見ると、企業市場が創業会社にとって大きな吸引力があるだけでなく、その吸引力が日々増えているということです。消費趨勢が企業市場に浸透するに従って、イノベーションの遅い速度に慣れた伝統的な大手会社はもう自分の優勢を失うに対して、創業会社がこれで優勢を占めるということです。

    創業会社の別の優勢は、彼らが伝統的な大手の販売ルートを受け継ぎる必要がないことです。今多くの創業会社はほとんどネットワークにもとる模式を採用し、一般にFreeemiumの模式も利用して企業という取引先に新製品の試用サービスを提供します。その前新しい取引先を得るため、この会社の首席情報監督とつき合う必要がありますが、今は彼らに自分の製品を試用させるしかなく、製品の利点が自然に現れるからです。

    その経営模式の変化、製品がモバイル端末に向かう傾向も加え、始めて創立する会社に一層広い市場をもたらします。モバイル技術の発展と企業技術が伝統的な労働者での普及のおかげで、今世界で数億の新型知識を利用するワーカがそのような新技術に触れる機会があります。

    また、Aaronも今新しいモバイル企業の市場には異性があることに触れ、つまりある会社の職員が主にほかのメーカーの設備を使用すれば、問題があるとマイクロソフトによって解決できないことです。今存在している企業市場の大手にとっては、新しい商業模式に転換するのはかなりの費用がかかるので、多数は創業会社を買い上げることによって転換し、しかし創業会社が依然として広い空間で発揮できるということです。