よい声を注文:VoiceBunny

                                

    プロの吹き替えプラットホームVoiceBunnyは、吹き替えのニーズがある雇主がそこで自分のニーズと値段を出し、ウエブサイトが取引先に適切な吹き替え俳優を提供できるということです。VoiceBunnyはオンラインで半年以来、自分のよい効率でユーザーの好評を受けました。 今ウエブサイトで活動している吹き替え俳優が10 人を超え、言葉の種類が50 種余りに達します

    VoiceBunny は最近新しいサービスーー捜索注文を提供します。その Search `n Bookと呼ばれる新しいサービスは雇主に絶対の主動権をもたらしますその前ウエブサイトから吹き替え俳優を選択することと違い、今雇い主が自分のニーズを入力して、商品をブラウズするように自分の好きな吹き替え俳優を選択できます。

    まず VoiceBunnyのウエブサイトで任務の性質、時間声の年齢、性别、音色なまりなど詳しい属性を入力し、ウエブサイトが要求に合う吹き替え俳優を選択して、リストで表示しますそのほか、ユーザーが吹き替え俳優のブログをアクセスでき、相手の資料を調べ、あるいは相手の声を聴いてみます

    Search `n Bookによって雇い主に自由に選択する権利をもたらすだけでなく、吹き替え俳優がそれでもっと適切な報酬をもらえます。

ルームメートに対して、SpaceSplitterは家事と会計事務の分担ツールを出し、ルームメートに関する問題を解決

                              

     SpaceSplitterはルームメートに対してサービスを提供し、会計事務と家事などの分担問題を解決できるプラットホームです。

     SpaceSplitterはFacebookでログインをサポートします。そこにはルームメートの協議に関するジェネレータがあり、Facebookから自分のルームメートを誘って相談して一緒に住むという協議を作ることができます。家事の分担も一つの問題で、ChoreSplitterが良いツールで、それを使って家事を手配でき、一人一人の家事任務を完成するように促します。

    最近またOurListというショッピングリストのサービスを提供します。SpaceSplitterはほかの電子商取引ウエブサイトと協力して、ティッシュトイレタリー清潔など多くの日用品を提供しますルームメートがそこで買うことができ、自分がそれらの商品の使用頻度によって費用を分担します。例えば、あまり家で食事しないルームメートが洗剤の費用の10%だけを支払ってもいいです。また、OurListで直接に配達の頻度を選択できます。実はOurListでSpaceSplitterは利潤をあげる模式を尋ねーー電子商取引ウエブサイトから歩合を取り出します。

                              

    後SpaceSplitterはまたGroup Payというツールを出し、家賃などの分担という会計事務問題を解決できます。

Instagramのような写真を撮るApp EyeEmは利潤をあげる模式「写真を撮る任務」を尋ね

                                                        

    EyeEm はInstagramに似ている写真を撮るAppで(iOS, Android 、Windows Phoneをサポートする)、最近そのAppのダウンロード次数が100万に達した、平均30%の速度で増えていると発表します。その同時に、EyeEm は「写真を撮る任務」(photo missions)では紅牛とルフトハンザドイツ航空というブランドと協力し、つまり金儲けになるという意味です。

 「写真を撮る任務」とは、EyeEmは自分のアカウント「EyeEm Team」によってユーザーが出かけて、特定のテーマに関する写真を撮り(テーマを週に換える)、写真に相応のタブをつけると呼び掛けるということです。例えば、今日の「写真を撮る任務」はKISSES——キスについての写真を撮ることです。優れた作品がPROUD Magazineに掲載されるかもしれません。

    しかし、ブランドの加入でコマーシャルが付くようになります。ユーザーが受けますか。それはEyeEmの方法に決めています。ユーザーがそれに飽きれば、ユーザー数が減るかもしれません。方法が良ければ、そのような利潤をあげる模式には底力が大いにあります。

チケットのバーゲンプラットホームLast Second Ticketsは100万ポンドの融資を受ける

                                  

   出演の主催団体にとっては、時間と会場を定めましたが、ある原因で入場の観衆が少なくなれば、きっと大きな損失と残念なことです。あるイギリスの創業会社Last Second Tickets(LST)はチケットのバーゲンプラットホームを作り、その問題の解決を助けます。最近、その会社が100万ポンドの融資を受け、その前45万ポンドの融資も受けました。

    Last Second Ticketsはいろいろの出演主催団体と協力して、出演時間が近づくチケットを割引して売ります。ユーサーが登録した後自分の興味がある出演種類などを選択でき、ひいてはLSTはユーザーのニーズに応じて新しいバーゲン情報を提供します。LSTは企業という取引先を発展するのも重視し、企業に職員福祉のような計画を提供でき、企業職員のために一部のチケットを取っておいて、特恵を与えます。

    今無駄にされる資源を回収して利用するモデルが増える一方で、特に予約サービスです。例えば、夜ホテルの特価情報、ユーザーが毎晩6時後最低半額の価格でホテルを注文でき、それでルームが無駄にされる状況を解決できます。Travtaはその業務に従事し、ユーザーが予約しても宿泊できないホテルのルームを、それを必要とする人に売ります。

タイムセールサイトFabはHoliday Shopsを出して、クリスマスのショッピングシーズンを迎え

                                            

    每年クリスマスの前後、アメリカでは感謝祭、Black Friday、Cyber Mondayがほとんどその期間なので、数多くの商店がその機会を借りてプロモーションして、それでアメリカ特有のショッピングシーズンになりました。祝日が多いので、プレゼントの市場ももちろん盛んになります。プレゼントの市場に対して、タイムセールサイトFabは製品が目新しく、デザインがユニークで、量も少ないですから、消費者の愛顧を受けやすくなります。

   確かに、Fabは最近新しい活動を出します。新しく出すHoliday Shopsがクリエイティブ製品を分類して、消費者に様々なプレゼントを提供し、友達、両親または恋人に送り、さえ自分のペットには、Holiday Shopsで相応の商品が見つかります。 去年Fabはショッピングシーズンに対して「The Best 100 Design Gifts Under $100」と 「Design Holiday Décor」を出したしかないですが、今年、彼らがプレゼントの市場を全面的に覆うつもりです。

    バレンタインデーから母の日、またもうすぐのクリスマスまで、Fabは祝日になると、ユーザーにプレゼントについてのいいアドバイスを提供できます。プレゼントを選択するのは迷惑なことですが、Fabはその市場を狙ってユーザーのニーズに応じます。祝日の雰囲気に合うために、Fabのページも変えられ、新しくデザインするサーチバーとナビゲーションインターフェイスで人々がプレゼントを選択時もっと便利になります。

    Fabには今約900万のユーザーがあり、今年の年初、ただ150万名の会員があるだけです。目前サイトでは約10000個の商品をユーザーに提供でき、平均每分四つの商品を販売でき、消費者が世界の26個の国家に及びます。Fabは七月1.05億ドルの融資を受けたばかりで、10月新しいバージョンのiOSクライアントも出しました。

ウオルマートと協力の合意に達し、BoxeeはアップルとRokuに対抗してインターネットテレビ市場シエアを奪い取る

                                  

   Bloombergによると、ニューヨークのインターネットテレビプロバイダBoxeeは最近ウオルマートと協力の合意に達し、111からアメリカ3000のウオルマートの店で98米ドルのインターネットテレビセットトップボックスBoxee TVを販売し始めるということですApple TVRokuと競争して、アメリカクリスマスショッピングシーズンのインターネットテレビ市場シエアを奪い取ります。

   Google TVApple TVRokuと同じ、Boxeeもインターネットテレビブームに乗る者です。彼らは消費者にBoxee BoxBoxee TVというようなテレビのセットトップボックスを販売することによって、ユーザーにYouTubeNetflixHuluPandoraなど豊かなインターネット資源を得させます。彼らは人々がテレビでインターネットのものを消費できると思うだけでなく、さえケーブルテレビと衛星テレビを替えたがります。

    Apple TVRokuと比べると、Boxeeの売上高があまり良くないです。去年一年間、Boxeeは12万台のD-Linkから生産した設備を販売しました。一方、Rokuは140台くらいを販売し、アップルがもっと多く、十二か月で530万台のApple TVを販売しましたBoxee 98米ドルという値段と比べると、Rokuセットトップボックスの値段が50ドルから100ドルまで、Apple TVのが99ドルです

    今の消費者がまだテレビでネットのものを見るという方式を完全に受けないが、ウオルマートが大きなプラットホームで、テレビのユーザーにその方式を普及できる。Boxeeを使う時、直接にテレビをつけてネットまたはテレビの内容が見えるとBoxee のCEO Avner Ronenは言いました。

オンライン教育会社UdacityはAndreessen Horowitzなどからの1500万米ドルの融資を受けた

                                      

    Udacityというは、無料の大学教育を世界でインターネット接続するどんなところに伝送することに力を注ぐ創業会社です。最近、1500万米ドルの融資を受けたと発表しました。投資のリーダーはその前「ソフトが世界を占めている」と言ったAndreessen Horowitzです。今まで、Udacityはすでに2110万米ドルの融資を受けました。 

    その融資の後、AH会社の投資者Peter LevineはUdacityの取締役会に加入します。Levineは自分のブログでどうしてUdacityを投資するかを説明しました。Udacityが「ソフトが世界を占めている」という理念に合うと彼は言いました。農業から教育まで、ソフトを依頼して運営するビジネスモデルが増える一方です。AHのターゲットはソフトを依頼して伝統の業界を転覆する底力のある会社を投資するのです。例えばUdacityは、今伝統的な教育機関で教育資源を得るという状態を変えたがります。

   オンライン教育の領域には数多くの競争者があり、例えばKhan Academy、CodeAcademyCourseraなどです。AHの投資で、Udacityはもっと発展できるビジネスモデルを作るかもしれません。

    Udacityはその新しい融資を生かして一層自分の技術プラットホームを作ると考え、モバイルアプを出して、適応性の教育技術を取り入れます。また、一層課程資源を増え、今もう多くの資源を提供する機関と合意に達し、GoogleマイクロソフトNvidia、Wolfram Alphaなどを含めます。卒業生の仕事の推薦では、新しい措置があります。

    もちろん、Udacityは今数多くの問題に面します。オンライン教育領域の激しい競争のほかに、ネット教育で避けない問題も多くあります。例えば、バーチャル教育は本当に伝統の教育を替えますか、特に実験の課程をどういう解決しますか。また、教育キャリアの認証問題もあります。

YCが支持しているParseはWindows 8に対するAPPの開発SDKを出し、バックエンドの開発がもっとやすくて効率的になる

                             

    AndroidとアップルのタブレットPCの売上高がマイクロソフトの市場シエアを占めているにもかかわらず、Windows 8の登場は情勢を挽回できるかもしれません。

   その同時に、YCが支持しているある創業会社、モバイルアプリケーションにバックエンドのサービスを提供するParseは、Windows 8の登場のブームに乗って、アプバックエンドの開発に用いられるWindows 8 SDKを出し、アプバックエンドの開発がもっとやすく、時間を節約できます。

    ParseのWindows 8 SDKがデータのセキュリティのストレージ、ユーザーの認証と管理、データアクセス権限のコントロール、各種データの調査などのサービスを提供します。.NETとJavaScriptを支持できます。今、C#またはVisual Basicという.Netでコードをプログラミングする開発者がただVisual StudioでNuGetを使ってParse SDKをインストールすれば、AndroidとiOSの開発者と同じ、Parseのセットのサービスを得ます。そして、ParseがLINQTAPのような特別な.NETサービスをサポートします

   開発者がJavaScriptを使われば、ただParseのJavaScript SDKをインストールしてもいいです。

                           

   そのほかに、Parseを詳しく紹介します。Parseは専門にモバイルアプリケーションにバックエンドサービスを提供するクラウド コンピューティングのプラットホームで、開発者にバックエンドサービスを提供し、開発者が具体的な開発活動に専念できます。データの保存、写真またはほかのフアイルのストレージ、ユーザーのアカウントを新規作成し、地理位置のデータを使いなどのサービスがあります。

    Parseの創始人Sukharは会社が高速発展期に入ると言いました。会社先月の営業利益が一倍を増えました。目前、会社が4万のアプ、4万の開発者にサービスを提供しています。その前、700万米ドルの融資を受けました。

タクシーの支払いがもっと便利になり、ニューヨークがSquareと協力して全ニューヨークのタクシーにモバイル決済を取り入れる

                             

   ニューヨークはもうすぐモバイル決済Squareと協力して全ニューヨークのタクシーにSquareのモバイル決済のプログラムを取り入れ、タクシーの支払いがもっと便利になります。    

   フオーブスによると、ニューヨークのある個人経営の会社PrivCoは、Squareとニューヨークが月曜日の夜もうその協力協議について合意した、Squareのモバイル決済のプログラムを全面的にニューヨークのタクシーに取り入れると発表したということです。後の交流を完成すると、双方が今月末で正式にこの計画を発表する予定です。Squareとニューヨーク市のタクシー業協会の関係がとてもよいとSquareのスポークスマンは言いましたが、その協力がまだ実証されていないのです。 

   実は今年の3月から、Squareがもうニューヨークのタクシー業協会と協力し始め、新しい技術項目をこの協会のタクシーに取り入れました。その前ニューヨークタイムズの報道によると、ニューヨークのタクシー業協会がすでにタクシーのテレビ広告システムをiPadに替えることを批准したということです。それはSquareのiPadカードリーダーを使いやすくなります。

   PrivCoのレポートによると、来年1000台のタクシーでSquareのカードレーダーを取り付け、100万米ドルをかける見込みです。先週、Squareの創始者Jack Dorseyはニューヨークの市長Michael Bloombergと一緒に新しい支払システムを配置するタクシーに乗りました。

仕入先によると、アップル社はもう注文して第4四半期で少なくとも1000万台のiPad Miniを生産することを求める

                                 

    今まで、アップル社はまだ小型のタブレットPCを出す計画を確認していないですが、ウォールストリートジャーナルによると、アップルの仕入先がもう注文を受け、第4四半期で少なくとも1000万台のiPad Miniを生産することを求められたということです。 

   その注文量はほとんどアマゾンが第4四半期でKindle Fireを生産する数量の二倍になります。ここから見ると、目前市場には数多くの製品が競争しているにもかかわらず、アップルが依然としてiPad Miniの市場需要が盛んなということを信じます。 

    アップルが前四半期、1700万台のiPadを販売しましたが、去年同期より84パーセントを増えました。一方、1000万台のiPad Miniはアップルが今年年末の休暇シーズンに大きな販売予測を持つことが現れます。その同時に、投資銀行ドイツ銀行は、アップル社が今年第3四半期で1800万台のiPadを販売し、第4四半期さえ2400万に増えると予測します。

   アップル社が今まで世界の最も大きなタブレットPCのメーカーにもかかわらず、その市場占有率が後出されたAndroidタブレットPCから減らされています。サムスンの5.3インチのGalaxy Noteとアマゾンの7インチのKindle Fireから、小さいサイズのタブレットPCに対する消費ニーズがあることが分かりました。しかし、アップルが目前9.7インチのiPadがあるしかないから、その時iPad Miniを出すのも当たり前です。

   うわさのiPad Miniが7.85インチのスクリーンを配置されるということですが、アップルが今注文のことに評論を発表しません。そのうわさが本当かどうかは、今月遅いときの記者会見で知ります。