昨夜、AppleはドイツManheim法廷の裁判結果は3GiOS設備をドイツのオンライン販売を撤下するのだ。今日は法廷はこの裁判の結果には臨時中止した。これはAppleは再びにドイツのオンラインショップでモトローラの特許を違反する3GiOS設備の販売を始めることだ。事件前後の時間差は一日も満ちてなかった。
Appleの発言者、「全てのiPhone とiPadのドイツのオンライン販売はもうすぐ回復する。そして、Appleはこの裁判には上告を申し立てている。その理由は七年前にこの特許は既に業界基準特許になっているが、モトローラはAppleの合理的な条件の上に特許の授権を断っているのだ。」と言った。
実は、この禁令は去年の12月に下ったが、昨日で執行したのだ。特許ブログのFOSSは、「Appleにとっては、ベストの状況は”臨時執行”の期限を延ばし、法廷の最終判定結果に上告すれば、臨時の期限は一年以上に超えるのだ。」

コメントを残す