Appleのサプライチェーンからの情報によると、Appleは今アジア市場向けのMacBook Air (14-inch)モデルの量産を検討中で、このモデルのノートPCは近い将来アジア市場に進出するのようだ。

欧米では15インチモデルが好まれるが、アジア市場では14インチノートPCが主流ということもあり、14インチノートPCの世界シェアは20~25%だ が、アジアでは35~40%というシェアを持っていて、このデータからみると、アジアの ユーザーは14インチのノートブックを好む傾向があると裏付ける。
アナリストが述べた。Appleは今後、主要ターゲットを現在の北米やヨーロッパからアジアへ転換しようとする。特に巨大市場の中国に注目していて、Appleは中国市場での発展の大きな可能性を秘めている。14インチMacBook Airの投入を検討しているということはAppleは中国市場を見据えて考慮していると考えられる。

コメントを残す