GoogleはAndroid応用が既に70万を突破したと語って、iOSに超える

      Googleが昨日新製品を発表して、同時に更に喜んだのがみんなに1つの数字を公表した:Android市場の応用は現在すでに70万モデルを突破した。競争相手アップルは先月にもiOSの応用数が70万を突破したことを宣言して、そして、iPad Miniの発表会の上でこの数字を強調した。つまり、AndroidがiOSを追ったのはこんなに長くて、少なくとも数量を使用するのが追いついたと言える。

      量は追いついた、質か?悪意のソフトウェアはAndroidが市場の1つの大きい問題だ。Google Playの中の1つのアンチウィルスの応用の統計によると、2012年に、Androidは市場の悪意のソフトウェアが同時期と比べて580%増加した。それ以外に、フラットパネルだけのために応用を設計するのは少なくAndroid市場の一大の肋軟骨だ、これは主にAndroidフラットパネルの市場の低迷のために、開発者が開発Androidフラットパネルに対して興味を持ってない。要するに、Android市場とiOSは現在距離があって、でもGoogleは努力している。

      最後、マイクロソフトは昨日Windows Phoneプラットフォームの応用数が12万を突破したことを宣言して、道に追いつき追いこすのはまた長いだ。

4日発売、Windows 8は400万セット売り出して、年度販売の任務は既に1%を完成した

    今年9月、鲍尔默はほらを吹いてことがある:“これから1年内、私達は4億台の新しい設備の上で新しく系統的な(Windows 8)運行を譲って、Windows Phoneであることができて、Windows もであることができるフラットパネルあるいはPC。”現在、マイクロソフトのこの雄大な目標は1%を完成された。

    ちょうど終わったマイクロソフトでBuild 2012大会の上で、鲍尔默は先週の金曜日からWindows 8が既に400万セット売り出した。絶対的な数字から1つの悪くない始まりことを見にきて、しかし総目標の4億大台にすることを考えてみて、マイクロソフトはとても長い道を歩く。前バージョンWindows 7は1年の中に共に1750万組売り出して、Windows Phone 8もまだ証明の自分を始めていなくて、だから、よい芝居は恐らくまた後ろかもしれない。

オンライン教育会社UdacityはAndreessen Horowitzなどからの1500万米ドルの融資を受けた

                                      

    Udacityというは、無料の大学教育を世界でインターネット接続するどんなところに伝送することに力を注ぐ創業会社です。最近、1500万米ドルの融資を受けたと発表しました。投資のリーダーはその前「ソフトが世界を占めている」と言ったAndreessen Horowitzです。今まで、Udacityはすでに2110万米ドルの融資を受けました。 

    その融資の後、AH会社の投資者Peter LevineはUdacityの取締役会に加入します。Levineは自分のブログでどうしてUdacityを投資するかを説明しました。Udacityが「ソフトが世界を占めている」という理念に合うと彼は言いました。農業から教育まで、ソフトを依頼して運営するビジネスモデルが増える一方です。AHのターゲットはソフトを依頼して伝統の業界を転覆する底力のある会社を投資するのです。例えばUdacityは、今伝統的な教育機関で教育資源を得るという状態を変えたがります。

   オンライン教育の領域には数多くの競争者があり、例えばKhan Academy、CodeAcademyCourseraなどです。AHの投資で、Udacityはもっと発展できるビジネスモデルを作るかもしれません。

    Udacityはその新しい融資を生かして一層自分の技術プラットホームを作ると考え、モバイルアプを出して、適応性の教育技術を取り入れます。また、一層課程資源を増え、今もう多くの資源を提供する機関と合意に達し、GoogleマイクロソフトNvidia、Wolfram Alphaなどを含めます。卒業生の仕事の推薦では、新しい措置があります。

    もちろん、Udacityは今数多くの問題に面します。オンライン教育領域の激しい競争のほかに、ネット教育で避けない問題も多くあります。例えば、バーチャル教育は本当に伝統の教育を替えますか、特に実験の課程をどういう解決しますか。また、教育キャリアの認証問題もあります。

マイクロソフトが専門的にWindows Phone 8のために設計した新版Facebook、TwitterとSkypeを発表

     今日の夜明けでのWindows Phone 8発表会の上で、マイクロソフトは一連の新版の社交応用を出すことを宣言して、その中で、最も流行っているFacebookとTwitterを含んで、および以前大金で買い付けた上で、深く統合したSkypeだ。

     新版FacebookとWindows Phone 8は系統方面の上に深さの統合があって、ユーザーは携帯電話の鎖屏のインターフェースの上で社交情報にブラウズすることができる。Facebookの上で親しい友人の新しい状態、写真あるいは伝言は全てあなたの個性化の鎖屏のインターフェースの上で明らかに示す。TwitterとSkypeは似ている最適化もある。その他に新版Skypeは一つの悪くない機能の最適化がある:電池が時間の条件を使うことに影響しないと、持続的にバックグランドで運行することができる。

Windows Phone 8発表会の前夜に、ノキアはWP 8携帯電話Lumia 822を発表

      マイクロソフトのWindows Phone 8発表会が正式に始まる前に何時間に、ノキア政府はWP 8携帯電話Lumia 822を発表した。現在価格と発売時間はまた公表していないで、今晩のWP 8発表会の上で多く詳しい細部を公表と予想している。

      オフィシャルサイトから公表した情報によって、その配置は次の通りだ。
      •無線に充電を提供する。
      •800万ピクセルは後でカメラを置いて、120万ピクセルは前でカメラを置く。
      •LTEネットを支持する。
      •4.3インチのスクリーン。
      •両核の1.5GHzのSnapdragon S4プロセッサー。
      •電池は1800ミリアンペアだ。
      •1GBのRAM。
      •16GBのメモリ、micro SDを支持して64GBまで拡大する。  
      •ブルートゥースの3.0とNFCを支持できる。  

新版Nexus 7価格は既に確定:16GB:199ドル、32GB:249ドル


     
    良いニュースですね、Googleは7インチのNexus 7に対しては値下がりしました。値下がりした後に、16GB版Nexus 7は小売り価格に初めの249ドルから199ドルまで下がる提案して、同時に、32GB新版Nexus 7の売価は249ドルだ。以前あるニュース、このモデルの値下げ幅が恐らく100ドルに達すると言って、でも、現在まだ8GB版の具体的な売価をよく知っていないで、8GBの版が対外もう売り出しないニュースもある。

    このニュースは米国の第2大執務する製品の小売商Office Depotからきた。現在、Office Depotは既に店内で32GBの新版Nexus7を展示した。

    Googleはもともと今日にAndroid製品の発表会を行って、そして発表会の上で最新のNexus7模型を発表つもりだ、ハリケーンでこの発表会が駄目になった。

Googleは正式に搭載したAndroid4.2のNexus 10を発表:16GB:399ドル、32GB:499ドル


     ハリケーンのために、Googleが今日の発表会を取り消したけれども、Google今日は依然として1シリーズ商品を発表した。新版のNexus7フラットパネル、Nexus 4スマートフォンの後で、GoogleはまたAndroid 4.2を搭載したNexus 10を発表した。

     以前は漏らした情報によると、これはサムスンのOEMでのNexus 10具体的な配置は:
     •10.1インチの2500 x 1600スクリーン、300ppi,スクリーンとアップルiPadのRetinaスクリーンは同等なレベルがある。
     •Android 4.2系统。
     •1.7GHzプロセッサー、2GB RAM。
     •両核ARM Cortex-A15チップ。
     •500万ピクセル、後にカメラを置いて、190万の前でカメラを置く。
     •電池の容量は9000ミリアンペアに達して、連続9時間ハイビジョンのビデオを放送できる。
     •重さ:604グラム。
     •前後は1つずつNFCのチップ。
     
     この10インチのフラットパネルの価格は16GB/399ドルで、32GBは499ドル、11月13日に正式に発売する。今回のNexus 10の最大の変化はマルチユーザーを支持する。あなたは自分のGoogleアカウントで登録を行うことができて、個性化のトップページ、Appなどできる。

GoogleはAndroid 4.2OSを発表して、またJelly Beanを言う

     Googleは今日にNexus 4とNexus 10を発表した、同時に最新のAndroid 4.2 OSを発表した、それはAndroid 4.1と名前同じ、Jelly Beanと言う。

     前に私達の報道の通り、このバージョンのOSはマルチユーザーのアカウントの切替の機能を増加して、家庭のユーザーあるいは法人ユーザーは更に便利なのにユーザーの切替を行って1台の設備を使うことができる。ユーザーは1つの押しボタンを通じて、急速にアカウントを切り替えることができる。

     アルバム機能はいくつか進歩もある、カメラUIは再び設計して、更に単に手の操作に適す。最大のスポットライトは、Googleがまたカメラの中で1つの似ているGoogle街並みを増加して、“Photo Sphere”の機能と言う、全景の写真撮影と分かち合うのが更に便利なことができる。

YCが支持しているParseはWindows 8に対するAPPの開発SDKを出し、バックエンドの開発がもっとやすくて効率的になる

                             

    AndroidとアップルのタブレットPCの売上高がマイクロソフトの市場シエアを占めているにもかかわらず、Windows 8の登場は情勢を挽回できるかもしれません。

   その同時に、YCが支持しているある創業会社、モバイルアプリケーションにバックエンドのサービスを提供するParseは、Windows 8の登場のブームに乗って、アプバックエンドの開発に用いられるWindows 8 SDKを出し、アプバックエンドの開発がもっとやすく、時間を節約できます。

    ParseのWindows 8 SDKがデータのセキュリティのストレージ、ユーザーの認証と管理、データアクセス権限のコントロール、各種データの調査などのサービスを提供します。.NETとJavaScriptを支持できます。今、C#またはVisual Basicという.Netでコードをプログラミングする開発者がただVisual StudioでNuGetを使ってParse SDKをインストールすれば、AndroidとiOSの開発者と同じ、Parseのセットのサービスを得ます。そして、ParseがLINQTAPのような特別な.NETサービスをサポートします

   開発者がJavaScriptを使われば、ただParseのJavaScript SDKをインストールしてもいいです。

                           

   そのほかに、Parseを詳しく紹介します。Parseは専門にモバイルアプリケーションにバックエンドサービスを提供するクラウド コンピューティングのプラットホームで、開発者にバックエンドサービスを提供し、開発者が具体的な開発活動に専念できます。データの保存、写真またはほかのフアイルのストレージ、ユーザーのアカウントを新規作成し、地理位置のデータを使いなどのサービスがあります。

    Parseの創始人Sukharは会社が高速発展期に入ると言いました。会社先月の営業利益が一倍を増えました。目前、会社が4万のアプ、4万の開発者にサービスを提供しています。その前、700万米ドルの融資を受けました。

タクシーの支払いがもっと便利になり、ニューヨークがSquareと協力して全ニューヨークのタクシーにモバイル決済を取り入れる

                             

   ニューヨークはもうすぐモバイル決済Squareと協力して全ニューヨークのタクシーにSquareのモバイル決済のプログラムを取り入れ、タクシーの支払いがもっと便利になります。    

   フオーブスによると、ニューヨークのある個人経営の会社PrivCoは、Squareとニューヨークが月曜日の夜もうその協力協議について合意した、Squareのモバイル決済のプログラムを全面的にニューヨークのタクシーに取り入れると発表したということです。後の交流を完成すると、双方が今月末で正式にこの計画を発表する予定です。Squareとニューヨーク市のタクシー業協会の関係がとてもよいとSquareのスポークスマンは言いましたが、その協力がまだ実証されていないのです。 

   実は今年の3月から、Squareがもうニューヨークのタクシー業協会と協力し始め、新しい技術項目をこの協会のタクシーに取り入れました。その前ニューヨークタイムズの報道によると、ニューヨークのタクシー業協会がすでにタクシーのテレビ広告システムをiPadに替えることを批准したということです。それはSquareのiPadカードリーダーを使いやすくなります。

   PrivCoのレポートによると、来年1000台のタクシーでSquareのカードレーダーを取り付け、100万米ドルをかける見込みです。先週、Squareの創始者Jack Dorseyはニューヨークの市長Michael Bloombergと一緒に新しい支払システムを配置するタクシーに乗りました。