自転車を賃借するAirBnb――Spinlisterは利用されない自転車で月に50米ドルを稼がせる

                                   

     Airbnbという短期間の賃借サービスは、その影響がホテル業に及んだだけでなく、彼らの模倣者が各領域で短期間の賃借サービスというブームを興しています。Spinlisterはその一つで、彼らが自転車の短期間賃借をターゲットにするんです。

    我々がある都市で定住する時、ほとんど自転車を買い、時々自転車に乗ったほうが便利です。しかし、ある人が自分の自転車を何カ月もほうっておいて、つまり、利用されない資源があります。

    ある人がある都市でしばらく滞在すれば、自転車が彼にとってとても便利ですが、買うまでには至らないから、自転車を借りるのがいい選択になります。もちろん、公衆自転車を借りるサービスを提供する都市もありますが、いつも特別に便利ではありません。Spinlisterはそのような利用されない資源とニーズとの関係をターゲットにするから、自転車の短期間賃借サービスを提供します。その方式がAirbnbと同じです。

   アメリカでは、公衆の賃借サービスが平均毎日16米ドルがかかり、Spinlisterの自転車の賃借費用が平均5米ドルだけです。みなさんに自分の自転車の賃借情報をネットで出させるために、 Spinlisterは自転車に保険をかけると承諾し、一番高くは5000米ドルの保険ほどで、盗まれることと壊されることを防ぐからです。

    四月ごろ、Spinlisterはサンフランシスコとニューヨークで業務を展開しましたが、今もうアメリカの大部分の都市に及びました。みんながSpinlisterで自転車を貸し出すまたは借りることができます。統計によると、25パーセントのオーナーが自転車を貸し出すことができ、その中の25パーセントが数次賃借でき、それらの人が平均週に50ドルを得ます。運が良ければ、時々一週間最も多くは100ドルをもうけます。一台の自転車の価格が一般的に100から200ドルしかありません。その上、それらの自転車がもともと利用されないのです。

    その前、その団体が人の目を集めたのはTechCrunch Disruptの競技場で勝ったからです。今彼らがGreenstart加速器に加入しましたが、数字とクリーンエネルギー技術に専念する加速器です。彼らが今年五月22.5万ドルの融資を得ました。

Instagramが毎日活躍しているユーザーの数は初めてTwitterを超える

   comScoreのデータレポートによると、その八月では、アメリカのスマートフオンのユーザーがもっとInstagramが好きなそうですが、アクセスの頻度とオンラインの時間という二つの指標ではTwitterを超えたということです。

    上の図によると、Instagramは毎日活躍しているユーザーが約730万人で、Twitterは同期690万人だけです。Instagramのユーザーが平均オンラインの時間が約257分に対して、 Twitterは170分で、前者が約50パーセント高く、その開きが明らかです。Twitterの独立なビジターが2900万人で、Instagramが2200万人未満ということを考慮に入れると、その比較がもっとはっきりしています。

    しかし、comScoreは今までインターネットについてのレポートを発表したことはありませんが、そして、今度のレポートが18歳以上のユーザーを統計したしかないから、データの信頼度が議論の余地もあります。

    それでも、Instagramは内容と製品の設計から見ると、確かにユーザーがもっと時間をかけます。Twitterの内容が主に文字で、写真、ビデイオ、リンクを混じっていて、ユーザーが使用時、ざっと情報を目を通してログアウトします。Instagramはおもしろく、または精美な写真を主にして、ユーザーがよりゆっくり写真を観賞するから、オンラインの時間も相応に延長します。

LinkdedInはEndorsementという認証サービスを提供し、ユーザーが友達の職業技能を許可できる

                     

    LinkedInは最近、ブログでEndorsementという新しい認証サービスを提供し、ユーザーが各自の専門で相手をよく知ると公告しました。Endorsementが今一時アメリカ、インド、ニュージーランド、オーストラリアという四つの英語国家で提供され、後何週間で全部の地域に及ばす見込みがあります。

   LinkedInは職場社交領域を主にして、ユーザーが一般的に自分のホームページで職業技能を加えます。Endorsementによって、ユーザーがクリックするだけで友達が加えた職業技能を許可でき、あるいは友達に彼らが加えていない技能を推薦できます。そのような友達の間でお互いに許可する方式がFacebookのlikeと似ていますが、個人の影響力の認証から見ると、Kloutと似ていることもあります。

    LinkedInでの友達のホームページを開くと、彼らについての一連の推薦される技能が目に入ります。ほかの推薦があれば自分で入力もできます。ある人が認証を与えてくれると、LinkedInはメールまたは通知で伝えてくれ、自分の「技能と専門知識」のページで誰かどんな認証を与えてくれることが見えます。

    今まで、LinkedInはもう状態の更新とグループの対話に対してのLikeサービスを提供しましたが、今度個人の職業技能に対してのEndorsementが明らかにもっと意義があり、それはLinkedInの本当の核心競争力になるからです。

 

 

代行運転のApp――StearClearは再び60万米ドルの融資を受ける

                                                      

   酒を飲んだ後、どういうように自分の自動車を運転して家に帰りますか?それは数多くの人の問題になります。あるホテルがそのニーズに応じて代行運転というサービスを提供します。ニーズがあったら、もちろんそれに従ってAppの登場も必要があるでしょう!StearClearはそれをターゲットにするんです。

    StearClearは酒を飲んだ得意先に二人の代行運転手を提供し、一人は運転し、ほかの人は殿を務めます。目的地に着いた後、得意先が現金、Square、あるいはAppの口座の残高で支払います。代行の運転手にとって、待命する時の時給が8ドルで、働く時の時給が12ドルで、それに1キロ2ドルの代行運転給料を加えます。

    StearClearの経営方式も特色があり、直営の方式を取り入れるだけではありませんが、各都市で異なる特許のパートナーを尋ねます。本部は加盟商に収支、関税申告、人力資源、保険をかけなど運営に必要のサービスを提供します。加盟商が70000人口の地域ずつ30000ドルの加盟費用を支払わなければなりません。

 

   StearClearは今年四月から登場し、今までサービスを提供できる範囲がまだ広くないですが、業務を拡張する一方で、新しい加盟商も増えています。2013年4月、そのソフトが登場して一年間後の時、13-50の加盟商を有したいとStearClear の創始者 Craig Sherは言いました。ほかの交通類のAppが大都市をターゲットにすることに対して、StearClearはタクシー、地下鉄など交通機関が発展していない都市での市場競争力がもっと強いです。

 

    Craig Sherの話によると、今StearClearの難しいところは新しいユーザーの信頼を得ることができないことです。本当に代行運転手が来てくれるかと多くのユーザーが使用前迷っています。いったん使用して信じると、多くは再び使用してさえ友達に伝えます。目前、StearClearの得意先では、50パーセントがリピーター、25パーセントが友達で知っています。その同時に、バーと協力する方式を取り入れ、バーの経営者がiPadによって自分の顧客の帰り道を手配できるということです。

 

   StearClearは今すでに110万ドルの融資を受け、その中の大部分(97.5万)が創業者自身からもので、ある二人の投資人がStearClearに資金を提供するうえ、会社の取締役会にも加入しました。今年の年末再び新しい融資をおこしたいとCraig Sherは言いました。

 

iPhone 5一日の注文が200万台を超えた後、アップルの株価が初めて700ドルを超える

                                                          

 

     ジョブズが亡くなりましたが、アップルの発表会には驚喜させることはなくなり、iPhone5は悪い評価を受けました。しかし、アップルの株価が依然として上がる一方です。アメリカの時間、月曜日の交易日でアップルの株価が699.78ドルで、後また1.77ドルが上がって701.55ドルとなり、初めて700ドルを突破しました。

 

    その同時に、アップル社はiPhone 5の注文に応じる後24時間の販売量がもう200万台を超え、去年iPhone 4Sが発売される時の2倍になったと発表しました。言い換えれば、1分に1389台を販売し、1秒に23台を販売しました。それで、悪い評価を受けましたが、iPhone 5の市場競争力が依然として強いです。

    アップルの株価がその九か月で270ドルが上がって、値上がりの幅が65パーセントを超えました。今年の2月末、アップルの時価総額が5千億ドルを超え、四月6千億を超え、今までの時価総額が6500億ドルを超えましたが、第二位のモービル石油より2250億ドル高く、ほぼGoogleの時価総額に相当します。

   目前市場がアップルの株価に対する予想は上昇の態勢で、数多くの投資銀行が最近予測によってアップルの目標株価を上げ、ほとんど750ドルから850ドルまでと予測します。アップルが10月でiPad miniを発売するのは好調であれば、その目標株価を一層上げるかもしれません。

 

次の世代の教育天才を尋ね、GoogleとKhan AcademyはYoutube教育ビデオの制作競技を催す

                                                 

    Googleは、Khan Academyと協力してともに次の世代の「Youtube教育スター」を尋ねる競技を催すと発表しました。目前、edX、P2PU、Skillshare、Codecademy、Courseraを含める数多くのオンラインの教育サービスが速く増えていて、それはその活動を催す背景なのです。

    この二つの会社は次の世代の教育大家を尋ねろうと試み、即ち十人のスーパー天才および素晴らしい内容の創建者ということです。そして、入賞者に訓練、プロモーション、1000ドルに値するB&H設備の贈り物の券を提供します。1000ドルの賞金が多くないですが、訓練とプロモーションは頑張って勝ち取るべき機会です。

Googleはそういうように描きます:

音楽で歴史を描けますか?落書きで幾何を表すことができますか?あるいはシエークスピアの作品を歌えますか?我々は様々な課程ビデオの内容の創建者を尋ねていますが、文法から地理、歴史、統計まで、教育意義および家庭の勉強によいビデオを提供してはいいですよ。一つの話題によって十個、二十個、五十個のビデオを制作して、人々に整った学習の旅を提供すれば、もちろんもっといいでしょう!

    また、この十人の「Youtube次の世代の教育天才」はKhan AcademyとYoutubeから教育団体の一つのグループによって選ばれ、そして、Khan Academyはその中の一人に「Khan Academy教育大家賞」を授けるとGoogleは公告で説明します。

    参加の方式が簡単で、10月1日までにビデオを制作してYoutube教育チャンネルに提出するだけです。残念ながら、アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドに定住している方だけがその活動に参加できます。しかし、私たちは観衆とする同時に、海外の新しい教育知恵もよく勉強できますよ。詳しくはGoogleの公告を調べてください。

Yammer CEOはマイクロソフトに販売したのが正しいと弁護する

                                                 

     最近、企業社会化ネットワークがブームになって、Yammerをマイクロソフトに販売したのが誤ったやり方ですか?Yammerの創始者がCEOをかねるDavid Sacksはそれを否定しました。

   SacksはTechCrunch Disrupt SF 2012の相談会でその考え方を言い表したのです。会社を販売するのがいつも難しい選択で、この交易が有意義で、それは自分の望みになろうと思っているとSacksは言いました。

    マイクロソフトは初めのYammerを買う意欲を表す会社ではないですが、マイクロソフトに販売したのがもっと有意義になって、マイクロソフトがもっと多くの製品と資産を持って、企業社会化ネットワークとお互いに補足できるからだということです。

   SacksはTwitterと合併する可能性が存在したことがあることを否定しました。自分もTwitterのフアンにもかかわらず、合併の意欲がなく、PC業に携わる人が投資できるとSacksは思いました。

   どの買い主を選択するかと考える豊かな時間はない、一般的に買い主が積極的に自分と付き合うとSacksは言いました。

   本週の火曜日、Salesforceの CEO Marc BenioffはYammerとマイクロソフトの交易に反対を言い表しました。それに対して、Sacksは、Benioffの心配していることが理解できますが、もっと大切なのは、Yammerとマイクロソフトの製品の合成に彼が心配するということで、例えば、YammerはSkype、SharePointと合成すれば、巨大な威力を生ずるかもしれないと言いました。

    交易後、自分がマイクロソフトでの位置にとっては、Sacksは触れなく、そこで長い時間働くと承諾したということです。

    当時AOLはTechCrunchを買い上げる時、自分もそういうような承諾をしましたが、結果一年後首にされたと会議の司会者ArringtonTechCrunchの創始者はすぐ自分を例として反対しました。それを聞いたとたん、人々が笑いの声が上げました。

Boxの創始者は企業市場を評価した:創業会社がはるかに優勢を占める

                                         

    最近催されたTC Disrupt大会では、Boxの創始者Aaronは今の企業市場というと、始めて創立する会社が歴史がある会社よりはるかに優勢を占めるということです。Aaronから見ると、企業市場が創業会社にとって大きな吸引力があるだけでなく、その吸引力が日々増えているということです。消費趨勢が企業市場に浸透するに従って、イノベーションの遅い速度に慣れた伝統的な大手会社はもう自分の優勢を失うに対して、創業会社がこれで優勢を占めるということです。

    創業会社の別の優勢は、彼らが伝統的な大手の販売ルートを受け継ぎる必要がないことです。今多くの創業会社はほとんどネットワークにもとる模式を採用し、一般にFreeemiumの模式も利用して企業という取引先に新製品の試用サービスを提供します。その前新しい取引先を得るため、この会社の首席情報監督とつき合う必要がありますが、今は彼らに自分の製品を試用させるしかなく、製品の利点が自然に現れるからです。

    その経営模式の変化、製品がモバイル端末に向かう傾向も加え、始めて創立する会社に一層広い市場をもたらします。モバイル技術の発展と企業技術が伝統的な労働者での普及のおかげで、今世界で数億の新型知識を利用するワーカがそのような新技術に触れる機会があります。

    また、Aaronも今新しいモバイル企業の市場には異性があることに触れ、つまりある会社の職員が主にほかのメーカーの設備を使用すれば、問題があるとマイクロソフトによって解決できないことです。今存在している企業市場の大手にとっては、新しい商業模式に転換するのはかなりの費用がかかるので、多数は創業会社を買い上げることによって転換し、しかし創業会社が依然として広い空間で発揮できるということです。