Facebookに劣るだけ、第二大ソシアルのサイトになったTwitterは、ユーザー数量が5億を突破した


    析機関Semiocastのデータによると、2012年7月1日まで、Twitterのユーザー数量は既に5億を突破して、5.17億まで達した、これはTwitterにとって里塚式の意味がある。現在、Twitterユーザー数量はFacebookの半分で、Facebookに劣るだけで、全世界の第2大ソシアルサイトになった。

    5.17億のユーザーの中で、1.41億は米国のユーザーだ。大部分のユーザーは米国の境界線の外だ。もしtweet数量によって都市の順位を行うならば、前三位はジャカルタ、東京とロンドンだ。日本は現在tweetを使って最も多い国の中の一つですが、しかし増長速度はすでに緩めて、これは韓国の状況と似ている。

サムスンは、今年11.8インチの“P10”というタブレットPCを出す予定

    サムスンは11.8インチの“P10”というタブレットPCを開発している。このタブレットPCは11.8インチで、2560 x 1600の解像度、網膜のスクリーンを備える。

    アップルは今年出したiPadが網膜のスクリーンを持って有名だ。世界で最大のLCDとAMOLED供給商としてのサムスンは、自分の設備の中で網膜のスクリーンを導入しても当たり前でしょうか?

    今年の8月中旬、サムスンはニューヨークで発表会を開催するそうだ、あるニュースによると、サムスンはその時に新版Galaxy Note 10.1を出すそうだ,11.8インチのフラットパネルは出すかな?私達は期待している。

MerryMarryはあなたに独特な結婚のストーリを記録する

     

      多様の移動アプリケーションはもうみんなの生活の各種の方面にしみ込んで、でも、創業者はやはり1つの一環が漏れて、それは“婚礼”だ。国外では、ある創業者が意識した、だから、夫婦に特別な婚礼のストーリを記録する移動アプリケーションMerryMarryを出した。

     国内にしても国外にしても、人々は婚礼に対してたいへん重視して、そのため、関連している業界もとても商業価値がある。国外はMerryMarryの以外、Lover.ly、Happily Ever BorroWED、Wedding Mix、Wedding Sanpなどのインターネットサービスはこの領域に足を踏み入れた。

Lumia610とLumia900のお蔭で、Windows Phoneは7月に、ヨーロッパの市場占有率が23.5%増加した

      Windows Phoneは世界市場で販売量がそんな楽観的ではありませんが、しかし、これが決してWP携帯電話が好きな消費者がないと言えない。WMPowerUserウェブサイトのデータによって、Windows Phoneは7月にヨーロッパの市場占有率の新高値を突破して、 同時期と比べて、24%に増加した。

     ヨーロッパ市場でWP携帯電話の市場占有率は小さいけれども、しかし、1.36%から1.68%まで増加して、とても大きい引き上げだ。この前、2月に北欧で販売したLumia 800は最速で、市場占有率は20%ぐらい増加した。今度は、主にLumia 610と Lumia 900の功労だ。

     Lumia 610は1中低価格の市場のスマートフォンだが、Lumia 900はハイエンドのユーザーの携帯電話だ。この二つの携帯電話は市場でユーザーの需要に迎合できる。WP携帯電話の市場占有率のために、一番大きい力を出した。

iOS 6の中で無料アプリケーションやアップグレードアプリケーションをダウンロードする時、パスワードを入力する必要なし

今年の秋に発売することになるiOS 6の中で、ユーザーがアプリケーション商店内でアプリケーションの体験をダウンロードあるいはアップグレードすると、更なる上昇を遂げることになる。
それに比べて、iOS 5の中でアプリケーションをダウンロードあるいはアップグレードするにはパスワードを入力しなければいけない。
iOS 6の中で無料アプリケーションをダウンロードする時、無料アプリケーションの右側の“無料”ボタンをクリックすると、ボタンの標識が“インストールアプリケーション”に変わるが、もう一度クリックすれば直接インストールできる。ユーザーの多重アプリケーションのダウンロード操作の便利のため、アプリケーションのダウンロードはバックグランドで行われ、ひとつのアプリケーションをインストールダウンロードした後、Homeインターフェースにジャンプすることなく、直接アプリケーション商店でほかのアプリケーションをダウンロードすることができる。

Googleの新版Android4.1 Jelly Beanは現在多数のキャリアのNexus S携帯電話を支持し

   新版Android4.1 Jelly Beanは、Googleが先月の末にI/O大会で1つの意外な喜びだ。以前は、HSPA+版Galaxy NexusはもうAndroid 4.1までアップグレードできた、7月中旬正式に商品を出す時に、Nexus 7フラットパネルに最新のAndroid 4.1をプレインストールした。昨日、 Android Policeの上で、新版Android4.1 Jelly Beanは多数のキャリアのNexus S携帯電話を支持できるニュースがあって、その後、Googleはこのニュースに対して実証した:
     We’ve started rolling out Android 4.1, Jelly Bean, to Nexus S phones on a number of carriers with more to come. Enjoy! android.com/whatsnew/

   — Google Nexus (@googlenexus) July 20, 2012

    

GoogleはSparrowを買付、価格が2500ドルぐらいないそうだ

    Sparrowは今日Google買い付けに宣言した。全体チームはGoogleのGmail部門に参加して、Sparrowは開発を停止しても、しかし、ユーザーのために、サービスと支持を提供し続きます。

    更新:The Vergeのニュース・ソースによると、GoogleはSparrowを買い付ける価格は2500万ドルぐらいで、今度の買収はGoogleと競争の人がいません。

    前日、SparrowはiPad版を出すそうだ、たとえ出すとしても、使ったのはGoogle政府のブランドで、Sparrowブランドではないですよね。