借家の心配なくなる、RentSocialの社交化借家の解決法案がいい住宅を探してやる

        住宅価格が高い年代だけに、借家は大勢の人たちのやむを得ぬ選択であった。でも、引越しをするたびに心が黒雲に覆われる:仲介に紹介してもらえば高い手数料(普通一ヶ月分の家賃)がかかってしまうし、自分で探すとしてもお気に入りの住宅と言うのはそう簡単に見つけるものでもない。

        一般のテナントにはやはり優秀な借家プラットフォームが必要になる。RentSocialの出現はいい参考になるだろう。RentSocialはYield Technologies産業管理システムの前端であり、ユーザーはFacebook Connectからログインにつながり、友達や潜在ルームメイトと見回している住宅の共有ができる。そして、潜在テナントは現在テナントの共有評論からお気に入りの住宅のもっと詳しい情報が得られる。今のテナント方法は原始的なもので、お気に入りの住宅の本当の情報を得られるルートがやはり限られていて、時間を空けて行ってみた現物は期待はずれ。RentSocialは標準化した住宅情報を収集し、今流行っている対比機能も付けている。例えば、気に入りの住宅が三つもあるとしたら、その三つの住宅を並べてみると、善し悪しは一目瞭然になる。

         こんなサービスは潜在テナントにとって結構魅力的なものである。RentSocialは現在のテナントに一連の便利な道具を提供し、テナントはRentSocialのシステムを使って家賃を支払い、あるいは家主に維持申請等も提出できる。

        RentSociaは同時に社交機能を引き込み、RentSocialサービスにつながっている同じ建物のテナントにたどり着けることができる。RentSocialはまた友達と隣りのために私信プラットフォームを提供し、開放的で友好な団地環境を作るのに役立つ。

        今日、RentSocialが正式に始動し、アメリカ国内の5000もある賃貸産業がそのサービスにつながっている。

UCブラウザV2.0 for Windows Phone 7が公開され、初めてUC自身の内核を導入

     NOKIAが開催したWindows Phone 7携帯電話「Lumia中国商品発表会」は終わったばかりで、中国の携帯電話のブラウザUCは最新のWindows Phone 7携帯電話ブラウザV2.0を公開した。前のバージョンより内核とサービスなど各面でかなりアップした。
 前のUCブラウザWindows Phoneバージョンはbaidu、tencentのブラウザと同じで、IE9の内核を採用している。この最新公開されたUCブラウザV2.0 for Windows Phone 7には初めてUC自社の内核を導入した。
 なお、UCブラウザV2.0for Windows Phone 7は Windows Phone の同類の製品なか初めてCLOUDサービス(CLOUD加速など)を導入し、ほかの機能の特性をWindows Phone に集成している。
 最近lumiaはヒットしているが、中国内で Windows Phone 7携帯電話の利用者は何人いるかわからない。もし、読者はちょうどお持ちであるなら、ダウンロードしてお試したら良いと思います。

近くリリースするGDriveのクラウドストレージサービスは5GBまで無料、ファイル編集もできる

    数日前、ある情報源によって、Googleは来月から本格的に自分のCloudストレージサービスであるGDriveをリリースする。いま、GDrive に関する情報は相次ぎリークされてきた。
この絵はリークされたGDriveのスクリーンだ。


  正式的にリリースされたら、5GBまで無料でユーザに提供する。これは間違いなくDropbox、Box.net、MicrosofのSkyDrive、アップルのicloudとSugarSyncにより大きい競争圧力を与える。
 GDriveの作動原理はDropboxなどに似ている。ユーザは自分のファイル資料をGDriveに保存すれば、自分のパソコン、携帯電話、drive.google.comで自由に資料を取り込むことが出来る。なお、ファイルを更新すると、ほかのところ同時に自動的に更新する。
 一方、GoogleがGDriveのためのサポートページから見ると、GDriveのAndroidアプリはファイル編集機能もついているとわかる。

Twitter Updates for 2012-03-31

  • TinyMyCAは電子証明書を作成する2階層の簡易CAです。自宅サーバなどの小規模な運用をターゲットとしており、このためCRLなどの失効機能はありません http://t.co/S6hxkdGs via @AddThis #
  • 【AirShooting】
    RedCaveが提供する本格射的ゲームです。
    全ステージ7つから構成されます。 http://t.co/dXpwfFND via @AddThis #

Powered by Twitter Tools

アプリ商店の競争:アップルApp Storeは第一位、アマゾンAppstoreは第二位、Google Playは第三位

Flurryという移動市場分析会社は今日にレポートを発表した。多方面で比較したら、収入データから見て、アップルApp Storeは第一位、アマゾンAppstoreは第二位、Google Playは第三位となった。

図のように、その三つの商店の収入比率。

Flurryの責任者Peter Faragoはアマゾンのアンライン販売の強さは成功の一つの原因、アマゾンの強みはGoogleの競争力ではないと思った。

ウィキペディア (Wikipedia)の次の大きな動き:ウィキデータ

ウィキペディア (Wikipedia)の次の大きな動き:ウィキデータ
年初にグローバルに資金を応募してからウィキペディアは公衆の視野に姿が消えていた。暫くの静まり後、ウィキペディアは次の動きを披露した。ウィキデータ(wikidata)というプロジェクトを実施し、機械が読める、ユーザが編集できる巨大の知識データを作る
 少し注意するならば、今年2月ベルリンで開催されていた語義技術と商業のトップ会議でウィキペディアはウィキデータの存在を展示したと発見。今、ウィキペディアはもっと詳しいことを公表した。ウィキデータプロジェクトの目的は機械でも読め、ユーザでも編集でき、語彙に基づき巨大な知識のデータベースを建立することだ。当然、ウィキペディアは相変わらず知識無料共有(Creative Commons)の授権形で公表し、データは無料で使い放題だ。


    これはウィキペディアの早期の設計理念だ。
    ウィキペディアはグローバルの各現地化バージョンのウィキペディアの共同認識できる項目を集める。英語、ドイツ語、フランス語などのバージョンで項目の内容は大きな違いはなくて簡単に集められるが、他の語学は大きな違いがあるから、統合しかねる。
 いま、この大きなプロジェクトもうスタートした。担当はウィキペディアのドイツ子会社だ。来年の3月に完成する予定だ。
 当面、ウィキデータもう130万ユーロの資金が集まった。この資金の半分は Microsoftの創始者Paul Allen が2010年に創立したartificial intelligence研究機関から、四分の一はGordon Betty Mooreから、残りの四分の一はGoogleからだ。

Twitter Updates for 2012-03-30

  • 64bit版の秀丸エディタは、Windows XP x64 Edition, Windows Vista 64ビット版, Windows 7 64ビット版 専用の64bitコードで動く秀丸エディタです。 http://t.co/sY34xEJR via @AddThis #
  • 秀丸エディタは、Windows95,98,Me以降/WindowsNT4.0,2000,XP,Vista,7以降で動作するテキストエディタです。テキストファイルを編集するためのソフトです。http://t.co/Y2qcqLAl via @AddThis #
  • 平成24年度版小学校時数計算テンプレート1.1 http://t.co/VdRmn2Al via @AddThis #

Powered by Twitter Tools

タクシーを呼びやすいのモバイルアプリHailoは1700万ドルのA輪投資額が入手

 

 タクシーを呼びにくいのはたくさんの都市の課題だ。海外の都市もそうだ。ですから、Hailoというタクシーを呼ぶアプリが生まれてきた。近日、このロンドンの創業会社は1700万ドルのA輪投資額が入手ということを宣言した。
 
Hailoを公表していたとき、ロンドンの黒いタクシー(Black Cap)専用で、ロンドンのどこでも、いつでも、タクシーを呼ぶとき、携帯電話のHailoをクリックして、現金払いかクレジットカード払いか選択して、タクシーを呼べる。
 このアプリは昨年11月に公表してから、3200名のロンドンのタクシー運転手と普通の乗客を含めて20万ぐらいのダウンロードができている。このHailoはロンドンの平均乗車時間は2分間で、当面運転手さんには活躍しているユーザは1700名がいる。投資金が入手してから、アメリカとカナダを目指してヨーロッパの市場を拡大し続くと示唆した。

GoogleはConsumer Surveysを公表、企業が簡単に市場アンケート入手で協力

 大手会社でも、売店でも、企業は顧客によって方針を決める。でも、小さい会社にとって、市場調査する意識はあるがどうやってするかよくわかっていないようだ。いま、GoogleはGoogle Consumer Surveysを提供してくれて非常にいいチャンスだ。
 世界の国際大手会社であとうと、現地の自転車売店であろうと、Consumer Surveysを使って、高効率に正しく市場調査ができる。それでユーザは数分間をかかってアンケート表を作成できるし、短いうちに全面的な分析結果をもらえる。
 ニュースあるいはビデオとかにアクセスするとき、まず出てくるのはConsumer Surveysの使用者のアンケートだ。それを答えたからすぐに見たい内容をアクセスできる。この過程はネットビデオ前の広告に似ている。
 費用に関して、ネットの利用者は無料で、Consumer Surveysの使用者は普通のアンケートの返事ごとに0.1ドルで、特定の消費者に対するアンケートの返事ごとに0.5ドルだ。

スライドでロック解除方法はアップルの特許、プルダウンで更新方法はTwitterの特許

微博にプルダウンで更新方法はアップルの特許ではなく、Twitterの申請特許だ。

この特許は「ユーザー界面規制」として申請され、Tweetieの開発者のLoren Brichterより提出された。今、Twitterの申請特許になった。

でも、この特許の申請はまだ最後承認しない。