Windows Phone beta版Skypeを発表し、完整版は四月正式に出す


  マイクロソフトはSkypeのWindows Phone Beta版を発表した、ユーザーは3G、4GとWiFiでSkype番号を通じて、ビデオとオーディオの通話を行なって、完整版は4月に出す予定だ。
 
  Skypeユーザーがお互いに通話することができる以外、Skypeは同時に携帯電話あるいは固定的な電話をかけることを支持できる。マイクロソフト政府のニュースによると、Windows Phone Beta版SkypeはノキアLumia 710、Lumia 800、HTC Titan、HTC Radar、サムスンFocus SとFocus Flashで完璧的に運行できる。

  マイクロソフトはWindows Phone Beta版のSkypeインターフェースに再び設計して、その中は多くのMetro風格の設計する元素を含まれた。Skypeプロジェクトの担当者Rick Osterlohから:“Windows PhoneのSkypeについて、これはただ開始だ、未来私達はもっと良い。”

GoogleはAndroidデータを発表、毎年250%増加して、毎日85万台のAndroid設備を起動した


   今日、Google高級な副総裁Andy Rubinは政府のBloggerでAndroidの最近のデータを公表した、Androidが既に1つの急速に成長している生態システムになったことを言った。

    Android設備は今年250%を増加して、全世界は3億台のAndroid設備で、1日あたりの85万台の新しい設備は起動されて、その中のクリスマスの間で起動した設備の数量は370万台をあって、去年12月中旬に1日あたりの起動した設備は70万台だけある。同時にAndroidは月あたりのダウンロード数量が10億回に達して、Android市場の中で応用数量は既に45万を上回した。1年前に、Android市場は15万の応用だけある。

    また、現在、既に販売したAndroid設備は800種を上回って、全世界モバイル大会(MWC)では100種がある。

サムスンは10.1インチGalaxy Noteを出し、Android 4.0システムとS Penの手書き筆

   MWC大会の前夜に、サムスンの7インチのGalaxy Tab 2フラットパネルと10.1インチのGalaxy Tab 2フラットパネルは、および投影機能のGalaxy Beam携帯電話は既に相前後して公表した。今日、サムスンはMWC大会でまた10.1インチのスクリーンGalaxy Noteを出して、それは以前の5.3インチのGalaxy Noteに比べて1倍ぐらい大きくなった。

   サムスンが10.1インチのGalaxy Noteがモバイル携帯電話、フラットパネルとデジタルのメモ帳の一体化だった。それはS Pen手書き筆を添える上で、前代と同じのタッチコントロールの手書きの体験を持っている。

   下記はこの新しい機械の配置だ。
   Android 4.0システム、Touchwizユーザー・インターフェース、1.4 GHz両核のプロセッサー、1GB RAM、
   2つのカメラ(後300万画素のカメラ、前200万画素のカメラ)
   10.1インチスクリーン、重さが583g、S Pen手書き筆、
   16GB、32GBと64GBの3つの版があって、microSD拡張スロットがあり
   ブルートゥース3.0、HSPA+のネットとWiFiを支持
   

   この設備は今年5月真っ先にスウェーデンで発表して、売価の790ドル

秘密の真相:ノキアの4100万画像の携帯電話は五年の苦労をした


  賞賛といい毀誉といい、今日、ノキアの4100万画素の携帯電話の808 PureViewは全世界の注目をあびた。しかし、あなたはたぶん分からない、このように超高ピクセルの光学ズームを小さくて愛くるしい携帯電話に入ることができるために、ノキアはこのプロジェクトに対して5年の苦労をした。

  この携帯電話について、たくさんの人が一つの電話をかけできるカメラだけだと評論しいた。でも、広く批判されたのはノキアが意外にこの機械の上でSymbianシステムを採用して、未来の望みWPではない。

  最後、私は、人々はどのようにこのスーパーピクセル機械に対しての評論のいかんによらず、ノキアはこの携帯電話をお蔭で、再度人々の議論する焦点になって、人々はまたノキアを議論していてさえすれば、ノキアのブランドは依然として存在している。これは4100万画素が初めてSymbianシステムの上に最も重要な使命だかもしれない。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               再度人々の議論する焦点になって、人々はまたノキアを議論するのでさえすれ(あれ)ば、そんなにそのブランドは依然として存在します。これはもしかすると4100万画素が初めてSymbianが系統的な上に最も重要な使命が現れるのです

ノキアは4100万画素のスーパー携帯電話の808 PureViewを発表、売価が450ユーロ

   ノキアは全世界モバイル大会で4100万画素のスーパー携帯電話808 PureViewを発表したばかりだ。

  
この携帯電話の詳しい配置:Symbian Belleシステム、1.3Ghz単核のチップ、4寸のスクリーン、512RAM、16GBのメモリ。
 
   
5月にヨーロッパで販売する予定、価格が450ユーロだ。

Santa Clara:ヨーロッパの第1台のIntelのチップAndroid携帯電話を発表


  ヨーロッパキャリアは今日第1台のMedfieldのチップのAndroid携帯電話を発表した――Santa Clara。この携帯電話は、ヨーロッパキャリアOrangeが今年の夏に正式に発表する予定だ、携帯電話の全体設計を見ると、Intelはこの前のCES大会で出した携帯電話と似ている。

  下記はSanta Claraの具体的なパラメーターだ。
  Intel Atom Z2460のCPUを搭載して、クロック周波数の1.6GHz。
  4.03インチのスクリーン、解像度の1024 x 600。
  800万画素のカメラ、最高な連写スピードは毎秒10枚できる、そして1080pハイビジョンのビデオを制作できる。
  携帯電話はHSPA技術を支持して、アップロードスピードの5.6Mbps、ダウンロードスピードの21.2Mbps。
  HDMIハイビジョンのビデオの輸出インターフェイスがあり、16Gメモリーを内蔵した。  
  NFC技術、Orange会社のHD音声通話の技術におよび手振りのナビゲート機能を支持できる。
  理論は14日待機あるいは8時間の3G通話時間。 
  外形のサイズ 123 x 63 x 9.99 (mm),重さが117g。
  

  Santa ClaraはAndroid 2.3システムを運行して、機械が操作の上でなめらかさを保証できる。(未来、4.0システムまでアップグレードする可能性がある)。ほかのキャリアの言い方によって、この携帯電話は中低価格の市場を目指したので、価格の上でとても大きい優位がある。

習慣は新型なウイルス:どうして創業者は必ず行為習慣専門家になれなければならないか?

  
    
   あなたはもうなかなか抜け出せない、携帯電話の中でメールの状態を調べる強烈の行為を抑えるた。自分にただ何分のミニブログあるいはみなのネットだけに見ることを言ったのに、でも、1時間の後、あなたは自分がずっと見ていたことを発見した。事実上、もし私はあなたに1冊の本を推薦すると言うならば、あなたの頭の中で直ちに“アマゾン”の字を思い出した。習慣は繰り返しと自動の行為を定義すると、それでは、技術もあなたの大脳にこのような興奮を発生できる、あなたに自分の要りたいことだと感じさせる。
   ネット世界はますます人に気を散らしていた、これはすべて習慣のせいだ。事実上、インターネット会社の経済の価値は日に日にユーザーの強烈な行為の習慣に依存している。このような習慣は創業することが成功するかどうかの決定的の原因だ。
   習慣を現金を変える。
   Web 1.0時代の第1社のネットメディア会社から、インターネット会社はユーザーの習慣によって金を儲ける。AOLとヤフーのこのような初期のインターネットのメディア会社は、ユーザーは自分の関心に対して広告の形式で広告商に売り出す。しかし、Web 1.0時代の会社は気に入ったのがページをブラウズした数量とクリック回数だ、強大なユーザーの習慣ではない。

   ウィルス形式の増加は悪くなくて、しかし、習慣を育成するも必要だ。  現在、新しいウェブサイトを創建するのは、会社はユーザーの習慣を自分の製品と商業モデルに溶け込まなければならない。ユーザーに気を散らしやすいだけではなくて、また、現在ユーザーを獲得するのが以前より更に難しい。
   新しいユーザーを勝ち取る過程で、料金を払う広告は積極的な回報を獲得することが難しい。ウィルス式の伝播は依然として役にたつけれども、しかしユーザーはますます反感を持っている。また、ウィルス形式の増加に依存しすぎて企業に対して損害もある。

   新しいウェブサイトは必ず習慣を依存する。 
   多くの会社はユーザーの習慣を設計する専門家になって、たくさんの新しいインターネット会社は既にこの方法に依存した。このような新型会社はユーザーに助けて自分の関心の特有な内容を発見すると定義できる、例えばPinterestとTumblr。 

ノキアLumia 610の規格価格が漏らされた、3.2インチのスクリーンを配置、価格が175ユーロ


   私達はずっと前、ノキアのローエンドのスマートフォンLumia 610を聞いたが、一度も会わない。みんなは、ノキアが間もなく全世界モバイル大会でこの製品を発表するつもりことを知っている。しかし、これが間もなく発表する時、科学技術のメディアBGRは、信頼できるニュースルートからいくつかの肝心な規格と詳しい価格を知っていた。

  Lumia 610は3.2寸のスクリーン、300万画素のカメラを配置していた、同時にWindows Phone Tangoシステムを搭載するつもりだ、そのため、256MBの RAMを配置することを予想しているが、まだ不確定だ。Lumia 610は真っ先にインドで発売して、価格は11000インドのルピー(約175ユーロ、1415元の人民元)

  ノキアはLumia 610を発表する、同時に全世界版のLumia 900を発表する予定だ。

サムスンGalaxy Beamのスマートフォンはプロジェクター機能を内蔵 


  最近、私たちは見ていたスマートフォンとフラットパネルが、外観にしても配置にしても大同小異だった。現在、サムスンは新しい物を持ってきた。
 
  VentureBeatからのニュースによると、サムスンは全世界モバイル大会でGalaxy Beamという面白い携帯電話を発表する予定だ。なぜ面白いと言うのか、プロジェクター機能を内蔵したけど。

  その他のハードウエアから言うと、Galaxy Beamただ伝統Androidスマートフォンだった。それは4寸のスクリーン、1.0GHz両核のプロセッサー、Android 2.3システムを搭載した。

  実は、本当のスポットライトはプロジェクターを内蔵したことだ。サムスンは、このプロジェクターが50寸のハイビジョンの画面を投げ出せて、光度は15ルーメンまで達した。あなたがそれを使って写真、ビデオ、ゲームを投影できる。

華為は10寸のハイビジョンの4核フラットパネルを出して、1920x 1200スクリーンと800万画素のカメラ


  TheVergeからのMWC最新ニュースは、華為はAscend Dシリーズの携帯電話を発表した後で、間もなくハイエンドのタブレットPCを出すと言われている。MediaPad 10 FHDのフラットパネルは1920x 1200のハイビジョンのスクリーンを配置して、同時に8百万ピクセルのカメラも配置する、また、Androidシステムを搭載するそうだ。

  華為MediaPad 10 FHDは4GBのRAMと128GBのROMを配備して、同時に3000ミリアンペアの電池を提供する。このフラットパネルは自分で設計したK3V2プロセッサーを採用して、性能はTegra 3の2倍だったと言われている。

  政府は、K3V2プロセッサーは世界で一番速いCPU+GPU双処理センターを持つ以外、K3V2の規格は12*12mmだけあって、これは世界でカプセル化の規格の最小の4核のプロセッサーで、集積度は世界は最高だと言われている。それ以外にK3V2は華為のIPPS管理、低い消耗技術および発熱のコントロール技術がある、高性能のチップは対処しにくい発熱問題を解決した。