GoogleはGoogle+で“Life at Google”口座を増加、Googleでの仕事をわかるように

Life at Googleこの口座はGoogleでの仕事状況を共有できる。しかも、仕事チャンスを発布できる。またGoogleの仕事雰囲気と文化の関連情報の共有。

Google+の内容はだんだんもっと豊富になる。たとえば、Google社員のインタビュー、写真、Hangouts。

アップル、Amazonなどの会社と違い、Googleはずっと自分の会社の文化に対して、開放の態度を持っている。これらの口座の中の内容はいい例だ。

 

SnagFilmsという“独特映画”を出すプラットフォームは700万ドールの投資をもらえ、独立に製作される映画に夢中

創業会社のSnagFilmsは独特映画の発布に熱心して、近日、700万ドールの投資をもらえた。

四年前設立され、最初は小さいサイトと提携、無料でそれらのサイトに独特映画を入れる。広告で利益をもらう。今は業務が拡大され、iPad、Androidおよびアップル、Amazonなどの会社の有料ビデオチャンネルを含む。

 

Facebook IPO:各自がそれぞれ腕を振るって競争する


      関系者によると、Facebookは今週の水曜日IPOを申請する予定だ、そこで、各自がそれぞれ腕を振るって競争する、その中でいりいろ陰謀とか冗談とかなどがある。
      Facebook IPOは人気があることだった、最後にどうなった?Facebookは正式に市場に出回る前に、いろいろな報道を出すのは当たり前でしょう、私たちは見ながら政府当局の情報を待っていたほうかいいと思う。

Googleは新しい特許大戦を巻き起こる


     イギリスの「ガーディアン」は今日発表の記事を発表して、Googleはどうすればモトローラより移動の利益を獲得することを分析していた、 125億ドルの買収費用を補償することを目指している。
     記事によると、この買収は財務でGoogleにとってよくない取り引きだった、利益対して大きな圧力になった可能性が高い。そして、記事の中で 独特のヒントを提供して、Googleが今実行したそうだ。

AngelListは2011年の年鑑を発表:500軒の創業会社、2500人の投資者、12500部の紹介

AngelListは2010年設立され、創業会社と投資者に社交ネットや交流プラットフォームを提供する。今週、AngelListは“2011年鑑”を発表し、去年の創業会社を整理して、参考になる。

年鑑には500軒の創業会社があり、一軒ずつ10部の紹介がある。また、2500人の投資者があり、総紹介は12500部を超えた。

ユーザーは創業会社の紹介、チームメンバー、投資時間、投資者などを見える。内容や地域の分類より、調べることもできる。

Facebookは今週の水曜日にIPOファイルを提出する予定、創始投資のVC Accel Partnersは800倍上がって、100億ドールに達す

Facebook は早くとも、今週の水曜日にSEC ファイルを提出するそうだ。価値は1000億ドールだ。そうすると、一番早くFacebookに投資したVC Accel Partnersは800倍の利益を上がって、VCのナンバーワンになる。

2005年、Accel Partners はFacebookに1220万ドールを投資した。当時、Facebookのユーザーは280万人ぐらい、主に大学生だった。7年後、8億のユーザーが持って、上場予期は1000億ドールに達している。Accel Partnersの10%の株主に基づいて、総価値は100億ドールに達す。

iPadはグローバルで5500万台以上の販売量で、平均1秒つき一台

アップルは2012年第一四半期のアニュアルレポートを発表し、収入は463億ドル、iPadは以前の四半期で154台を売った。2010年四月に市場で出て以来iPadの統計データーについては、前期までiPadの売買台数はもう5528万台を越えた。

なんと5500万台!毎日8万台を売り、お予想一秒つき一台の販売数だ。おそらくiPhone匹敵する電子設備はもういない。さらにアップル最近発表するiBook系列教育ソフトウェアのおかげて、iPadは教育の領域もその盛業を続くだろう。

 

My-ArtMap:芸術界のFacebook

多い創立者が社交ネットワークを作りたいが、同時にもの多く垂直社交ネットワークが生み出された。今日はFacebookと似ている社交ネットワーク「My-ArtMap」を紹介する。これは芸術家のため提供した社交プラットフォーム及び売買市場。現世の芸術世界のように、芸術家、オークション、博物館やフェアーで完成させた。

芸術界はほかの商品や市場と違い場が多いため、My-ArtMapがFacebook やGoogle +など及ばないユニークな優勢がある。My-ArtMapもメッセージモード「ニュースコーヒー」はあるが、Facebookのような複雑の計算法に基づいたいろいろなソートがない。

登録者はFacebookを通じて、あるいは単一のアカウントを成立し、Facebookのようなホームページが現れ:左側は個人データー、中心はメッセージ、右側は芸術品や日程管理。唯一の違う点は、My-ArtMapの上部分は個人ホームページ、ニュースコーヒー、ギャラリー、芸術家、日程、話題と市場にくみ出された。

目前My-ArtMapはまだテスト版で、主にユーロッパに提供され、スペインやイタリア、ドイツを含めた。嬉しいことは、My-ArtMapは七国の言語を支持する、それは中国文、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、スペイン語だ。ほかには、iPhone版も支持した。

以下はMy-ArtMapのサイトスクリーンショット、ご覧ください。

 

フリーランスの売買市場Elanceは1600万ドルの融資を得る

近日、フリーランスとクライアントのインターネットプラットフォームを提供するElanceは1600万ドルの融資を得ることを発表した。その資金は国際業務の拡大を利用する。

Elanceはあるインターネットぷラットフォームだ。ホームページによって今50万以上のフリーランスはレジした。彼らはライター、プログラマ、デザイナー、法曹人を含めて、クライアントはそのプラットフォームで仕事の内容や料金を述べ表し、そしてフリーランスは自分の専攻を発表ししことを受け止める。

それ以外クライアントとフリーランスのヘルプ及びカンニングを防止するため、Elanceも自分の管理道具、たとえTrackerなど、ユーザーの働き時間を記録しやスクリーンショットでき。Elanceは、今レジしたフリーランス達はこのプラットフォームを通じてお予想5億ドルの収入を得た。

Google Takeoutのパワーを続き、Google Docsファイルのパックアウトプットを支持する

Data Liberation Frontのチームのおかげで、現在Google DocsもGoogle Takeoutを通じてすべてのファイルをアウトプットすることができる。その前、ユーザーはGoogle Takeoutでシングルのファイルをクリックしてダウンロードしかたが、今Google Takeoutを利用してすべての圧縮パックをダウンロードでき。

Google Takeoutは2011年の夏に発表され、ユーザー達をGoogleで作って個人データーをアウトプットするを目指す。Google Data Liberation Frontチームのおかけだ。彼らの努力続きだけあって、ユーザーの個人データーをコントロールでき、Googleサーバーとパソコンに素早い転換する。

Googleのビジネスはその自身無料提供したのサービスで集めるのデーターを基にしたが、Google Data Liberation Frontチームは「ユーザーを個人データーに対して完全の支配権を持つ」。特にDocsというプロファイルに対し、職場やそのほか敏感なエリアに利用して、Google Takeoutはこれを提供するのはユーザーにとって飛躍的なパワーアップだ。