Androidのフォーラムによると、ある人は盛大の携帯電話の配置図を貼って:両核の1GHz、RAM 1GB、4.3寸のスクリーンとAndroid+は大衆ROMのシステム、売価はただ999元だ。これは携帯電話の価格の常識にあまり合致しないようだ。
  配置図を出ることは、2つの原因があるだと思っている:第1は宣伝のマーケティングだかもしれない;第2は盛大がAmazon路線でハードウエアを売って深さの注文を通じて利潤をもらえる。でも、この二つの可能性が高くない、価格はこんなんに易いこと対して、どうしても信じられないだ。もし、本当に999元だったら、定量の生産ではない限り、盛大のことを大げさするかもしれないだ。
 でも、盛大は確かに携帯電話の計画があった。1月の時、報道によると、この携帯電話は4月から5月まで発売する予定だ。また、盛大は先週正式に自分の深く作ったAndroidのシステム「大衆ROM」を出して、その中でたくさんの盛大のアプリケーションを内蔵した。

コメントを残す