日本自動販売機がWI-FIを接続し、モバイルネットワークの発展を進める

モバイル設備ユーザーが違う場所に行ったら、ただのWi-Fiネットを検索習慣がある。今は、日本の朝日ドリンク会社は、飲み物を提供する以外、50メートル範囲内でWi-Fi信号を提供する自動販売機を出す。誰でも、提供されたWi-Fi信号で、だだでインタネットへ接続することができる。
この信号あh各種の設備を支持し、新規登録いらない、ドリンクを購入する必要もない。接続できたら、モバイル設備は自動に勧められた地域情報を受信できる、例え、地元のデパート、観光スポットなど。朝日会社は2012年に東京をふくめて五つの町で1000台の自動販売機を投入し、そして、次の五年間で、10000台を投入する予定である。

コメントを残す