Spinlisterと言うプラットフォームでは、放置している自転車さえあれば個人も会社もみんなレンタル情報の発表ができる。しかし、自転車の写真や詳しい紹介及びレンタル費用等の様々な情報をプラットフォームに発表しなければいけない。

自転車をレンタルするには、住所を入力して検索を行い、総合車両の状況、費用等の要素を選び、確定すればいい。

アメリカには身分証明書はないけど、クレジットカードがかなり普及している。Spinlisterはクレジットカードを登録することでユーザーの身分に対して認定を行う。他に、サイト内評価、社交ネットワーク及び商業保険等の方法で自転車安全保障を補助する。

もし、このプラットフォームで貸し出しした自転車が壊れたとか失くして、賃借人が賠償できなくなる場合、Spinlisterは最高5000ドルの賠償金を支払うことになる。

すでに400名あまりの自転車持ち主がSpinlisterに引かれレンタル情報を発表し、専門レンタル会社からの情報も2000条は超えている。ところが、このプラットフォームはまだサンフランシスコとニューヨークの二つの都市だけを支持している。Spinlisterはつい先22.5ドルのシード投資を獲得し、その投資でモバイルアプリケーションを開発し、都市の拡大も進行できる。