2011年はもうすぐ終わって、みんなは今喜んで新しい来年を迎えているが、アップルにとって一難去ってまた一難だ

    アップルは一昨日間違って導く宣伝のために、イタリアで「独占の観念を反対する管理局」より90万ユーロ罰金通知書を受け取った、今日、アップルはeBizcussに起訴された、理由:アップルは小売店を利用して競争優勢を獲得した。

    eBizcussはアップルの代理商として、2011年に、第三四半期はiPad 2とMacBook Airの供給不足のために、
販売量が30%を暴落した、その文句だけじゃない、また、iPhone 4Sが手に入れないことがある、eBizcussのCEO「François Prudent」はパッリで第一商店を出った時、この問題が存在したと言った。

    eBizcussは650ドールをかかって販売網システムを更新したが、アップルは不公平的で価格対しての欲望に
限りがないだ。

    アップルがもらった価格提案書と比べて私の購買価格よりずっと安いだ、代理商からの言い方だ
原因はアップル商店が消費者にとってもっと引き付ける力を持って、アップル商店の業務を増えるとともに
代理商は圧力が大きくなった、代理商たちは締め出すことを感じている。

コメントを残す