酒を飲んだ後、どういうように自分の自動車を運転して家に帰りますか?それは数多くの人の問題になります。あるホテルがそのニーズに応じて代行運転というサービスを提供します。ニーズがあったら、もちろんそれに従ってAppの登場も必要があるでしょう!StearClearはそれをターゲットにするんです。

    StearClearは酒を飲んだ得意先に二人の代行運転手を提供し、一人は運転し、ほかの人は殿を務めます。目的地に着いた後、得意先が現金、Square、あるいはAppの口座の残高で支払います。代行の運転手にとって、待命する時の時給が8ドルで、働く時の時給が12ドルで、それに1キロ2ドルの代行運転給料を加えます。

    StearClearの経営方式も特色があり、直営の方式を取り入れるだけではありませんが、各都市で異なる特許のパートナーを尋ねます。本部は加盟商に収支、関税申告、人力資源、保険をかけなど運営に必要のサービスを提供します。加盟商が70000人口の地域ずつ30000ドルの加盟費用を支払わなければなりません。

 

   StearClearは今年四月から登場し、今までサービスを提供できる範囲がまだ広くないですが、業務を拡張する一方で、新しい加盟商も増えています。2013年4月、そのソフトが登場して一年間後の時、13-50の加盟商を有したいとStearClear の創始者 Craig Sherは言いました。ほかの交通類のAppが大都市をターゲットにすることに対して、StearClearはタクシー、地下鉄など交通機関が発展していない都市での市場競争力がもっと強いです。

 

    Craig Sherの話によると、今StearClearの難しいところは新しいユーザーの信頼を得ることができないことです。本当に代行運転手が来てくれるかと多くのユーザーが使用前迷っています。いったん使用して信じると、多くは再び使用してさえ友達に伝えます。目前、StearClearの得意先では、50パーセントがリピーター、25パーセントが友達で知っています。その同時に、バーと協力する方式を取り入れ、バーの経営者がiPadによって自分の顧客の帰り道を手配できるということです。

 

   StearClearは今すでに110万ドルの融資を受け、その中の大部分(97.5万)が創業者自身からもので、ある二人の投資人がStearClearに資金を提供するうえ、会社の取締役会にも加入しました。今年の年末再び新しい融資をおこしたいとCraig Sherは言いました。