マンモスウェブブラウザーの作者季逸超は彼のiPhone手振りキーボードRasgueado 2.0バージョンを出し、新しいバージョンはわずか二日間で完成した。(1.0バージョンも48時間)。

                                                                                                                                                                             Rasgueadoの本意はFlamencoギターの技法の一つであり、季逸超がこの名で名付けたこと自体がこのインプットメソッドの素晴らしさを表している。

Rasgueado 2.0バージョンは文字のインバート、Tokenization、カーソル強調、モアソフトウェア制御の支持等とした機能を増加し、インプットメソッドも多種で中国語、英語、画数等を完璧に支持する。

iPhoneはインプットメソッドインターフェースを開放しないが、季逸超は合法的にUIKeyboard事件を乗っ取ることで未脱獄のiPhone Appのなかでそれを全域的に使用させた。

季逸超は開発者と協力し、Rasgueadoをテキスト編集、ミニブログあるいはサードパーティーインプットメソッドAppの中に植え込むことでユーザーのテキスト編集体験を最適化したい意思を示した。

季逸超は高校時代に既に自力で強大な機能を持ったマンモスウェブブラウザーを開発し、今は中国最初のGeek実験室Peak Labsの創始者である。現在、Peak Labsは徐小平の投資を獲得し、いくつもの項目の準備を全力で整えており、下半期には次々と皆さんと対面する見通しである。