インテル勧めた次代AtomモバイルプラットホームSoC(System-on-a-Chip)いつか、スマートフォンとタブレットPC市場に進入することだが、規格と性能へはの了解はまだ足りない。最近、VR-Zoneは本当の意味上のSoC工程サンプルを手に入れ、Androidシステムを基づいて、その性能テストを行った。それから詳細な規格バラメータと性能データを覗ける。
研究開発コードはx86の核心を基づいて開発したMedfieldのSocであり、1.6GHzのクロック周波数、1Gのメモリ、内蔵式bluetooth、及び、WiFiとFMラジオ機能を持っている無負担効率は2.6W、満載3.6W、インテルは最終的に効率を2Wと2.6Wの間に納めることと、ハイビジョンビデオの出力機能を加える予定である。
VR-Zoneと同じ配置のた对照タブレットPCはCaffeinemark 3を使用し、高通MSM8260、NVIDIA Tegra2及び、三星Exynos等のチップに性能対比テストを行った。最終的に、Medfieldの得点は10500点,NVIDIA Tegra 2は7500点、高通MSM8260は8000,サムスンのExynosは8500点の点数を走り出した。
インテルの初めての正式な意味上のSoCと初めての高い集成解決方案になり、Medfieldは上場してから、AppleのAシリーズNVIDIA Tegra、高通のSnapdragon、サムスンのExynos、テキサスインスツルメンツのOMAPとたくさんのライバルを競争する。目前、サムスンExynosだけ同じく32ナノテクノロジを使用しているが、Medfieldの今後の表現を期待する。

コメントを残す