インテルは最新のIvy Bridgeタッチスクリーンのノートを展示


   インテルは2012にCeBITドイツハノーバーの展覧会で、最新のIvy Bridgeのプロセッサーを搭載したタッチスクリーンのノートを展示した。

   このノートは13.3インチの1600x 900解像度のLCDスクリーンを備えた、1.5GHz Ivy Bridgeプロセッサーを搭載して、SIM/SDのカードスロット、HDMIポート及び2つのUSB3.0インターフェイスを備えた。システムな情報のページを見て、このタッチパネルが最高で10指で操作することを支持できる。

   それのすべてのタッチコントロールの体験とハイエンドのタブレットPCは似ていた。拡大、縮小などの多い手振りを支持できる。

コメントを残す